元AKB48・西野未姫が謎の勢いでバラエティー番組席巻中

8月12日(日)18時0分 messy

西野未姫 Instagramより

写真を拡大

 元AKB48西野未姫(19)が、快進撃を続けている。8月6日放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)と8月7日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に登場し、強烈なインパクトを残した。

 西野未姫のAKB在籍時を振り返っておくと、まず2012年に第14期研究生としてオーディションに合格し、翌2013年に正規メンバーへと昇格。同年に行われた「第5回AKB48選抜総選挙」では圏外で、第6回は62位、第7回は圏外、第8回は61位となっている。

 そして2017年にAKB48を卒業。アイドルとしての活動は鳴かず飛ばずといったところだが、一応ファンの間では“第2のまゆゆ”とも呼ばれた美少女枠であった。しかし最近テレビ番組に登場するようになった彼女の言動やリアクションからは、とても“第2のまゆゆ”の名残は見えない。若手女性芸人の域だ。

 『女が女に怒る夜』では現役の48グループ所属アイドルとバトルを繰り広げた。それは、NGT48中井りか(20)が、「音楽番組でカット割りって決まってるんですよ。この歌詞の時にこの子を映すみたいな」「それで、私はディレクターさんの名前を聞きに行って、始まる前の数分間にカメラに向かって『○○さん(ディレクターの名前)映して下さい!』って言うんですよ。すると1カット増えたりする」と告白したときのこと。これに西野未姫は「減らされた人かもしれない!」と驚いて見せ、中井の行動に対し「きらーい!」「すごい嫌い!」と叫び出す。結局中井から「そういうことしてないから61位」と強烈なカウンターを返されてしまったが、注目を集めることには成功している。

 8月7日に放送された『踊る! さんま御殿!!』では、やたらと尼神インターにつっかかって話題に。男を知っているような態度をとる“ちょうどいいブス”について語る場面で、誠子(29)に向かって「“すごいブス”っていったら誠子さんじゃないですか?」と言い放った。

 これには誠子も「急に腹殴るやん!」と驚きを隠せない様子。しかしそれでも西野未姫の勢いは止まらず、「“すごいブス”が誠子さんだとすると、“ちょうどいいブス”は渚さん」と矛先を変える。渚(34)は「あいつなんか腹立つな!」「背中きいつけて帰れよ!」ときつめのツッコミをするも、西野未姫はひるまず自分のことを「かわいい」と自画自賛。一歩も譲らない戦いの末、ついに渚は「こっちこい殴ったるわ!」と立ち上がってしまう。

 番組内でのトークといえど、渚相手に臆することなく立ち向かえるのはかなりの強メンタル。またトークの内容うんぬん以前に、やたらとオーバーな身振り手振りや表情も癖が強い。これらの特徴が“魅力的”とは思えないが、ひたすら勢いがありなぜか目が離せなくなるので、しばらくはバラエティー番組で重宝されそうだ。

messy

「西野未姫」をもっと詳しく

「西野未姫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ