さんま、木村拓哉と“墓場まで持っていく話”交換「そのためか大事にする」

8月12日(日)13時27分 マイナビニュース

お笑いタレントの明石家さんまが、12日に放送されたTOKYO FM『木村拓哉 FLOW supported by GYAO!』(毎週日曜11:30〜11:55)にゲスト出演し、木村拓哉と“墓場まで持っていく話”を交換したことについて語った。

公私ともに親交が深いさんまと木村。きっかけはドラマ『空から降る一億の星』(2002年/日本テレビ系)での共演で、木村は「自分からの矢印でさんまさんのことを考えたり思ったり…」と、自分の方から距離を縮めていこうとしたという。

その共演時、さんまがロケ地からロケ地へ移動する車にいつも木村が乗り込み、2人で会話をしていたそう。さんまは「トップじゃないけど世間からお互いの世界でトップだと言われて。悩みもそのポジションにいくとわかるし、ディレクターに言ってもわからない悩みとか苦しみが芸能人は芸能人である。その辺があれで、お互いそうかそうかって」と、2人だからこそ理解し合えることがあるという。

また、なかなか撮影が始まらず話すことがなくなってきたときに、木村が「お互い“墓場まで持っていく話”をしませんか?」と提案し、お互いの秘密を交換。さんまは「あれは疲れと油断と待ち時間のために。ラジオで絶対言えない話なんですけど、しゃべってから俺は何を言うてんのやろって」と振り返り、「あれってすごいことで、ケンカしたり縁を切ったりしたら、墓場まで持っていく話をしゃべられるかもしれない。そのためなのか(木村を)大事にする」と打ち明けて笑った。

マイナビニュース

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ