17歳の大谷翔平が号泣した“一度きり”の夏【夏の甲子園100回! ベストシーン】

8月13日(月)7時0分 文春オンライン


今年で第100回を迎えた“夏の甲子園”。

その 100年を超える歴史は名勝負の歴史でもあります。波乱・衝撃、旋風、怪物、ライバル、そして大逆転・・・・・・。

「甲子園」というフレーズだけで、さまざまな場面がよみがえってきます。

そのなかから、もう一度振り返りたい“ベストシーン”をご紹介します。

【2011年(平成23年) 第93回 1回戦 帝京[東京]8-7花巻東[岩手]】




『夏の甲子園 名勝負ベスト100 (文春MOOK)』 より



◆◆◆


 平成21年夏、菊池雄星(現西武)を擁する花巻東が甲子園で旋風を巻き起こした時、すでに「来年、また凄いのが入学してくるらしい」と評判になっていた。大谷翔平(現エンゼルス)のことだ。入学後すぐに頭角を現し、190cmを超える長身に「ダルビッシュ二世」と呼ばれるようになった。



翌年のセンバツには戻ってきたが、3年の夏は岩手県大会決勝で敗退。甲子園の土を踏むことはなかった ©共同通信社


肉離れで投げられなかった“背番号1”


 その大谷が初めて甲子園の土を踏んだのが2年生の夏。すでに150km近い球速を叩き出していたが、夏前に左足太腿を肉離れ。夏の岩手県大会は背番号1番を付けながらほとんど登板することはなく、外野手として“打”に専念。4割以上の高打率を残していた。また、この年の3月、東北地方は東日本大震災に見舞われた。花巻東の部員の中にも家族が被害を受けた者がいた。「被災地に勇気を与えたい」という特別な思いを持っての甲子園だった。


 初戦の相手は優勝候補の一角でもある帝京。先発のエース伊藤拓郎(元DeNA)は、1年生の夏に甲子園で148kmを出し華々しくデビュー。大谷と同じように「怪物」と呼ばれた逸材だった。


 試合は追いつ追われつのシーソーゲームとなる。初回、帝京が花巻東の先発小原大樹を攻め2点を先制。その裏、花巻東が伊藤の立ち上がりの制球の乱れを突き2点を返して追いつく。2回、4回と帝京が追加点を挙げ3点差とすると、4回裏、花巻東は3安打に四死球を絡め一気に3点を挙げて再び追いつく。



4回、いよいよ救援のマウンドへ


 伊藤は4四死球、小原が7四死球と不安定な両先発に、両監督は早めに見切りをつけ、帝京は4回途中から2年生左腕石倉嵩也を、花巻東も4回途中から大谷を投入し、必死の防戦を図る。しかし大谷は太腿の故障に加え、4回裏の打席で左足甲に死球を受け満身創痍の状態。スピードはあってもボールの抑えが効かず、甘く入ったところを帝京打線に狙い打ちされる。


 5回表に帝京が2点を挙げて突き放すと、6回裏に花巻東が無死二、三塁から大谷の2点タイムリーでみたび同点に追いつく。花巻東の驚異的な粘りに、スタンドが大声援で後押しする。しかしアウェーの空気の中で、帝京は7回表、4番松本剛(現日本ハム)が二死二、三塁からライト前に打ち返すタイムリー。これが結果的に決勝点となった。



不本意なピッチングに号泣


 終盤、1点のリードを背に力投する石倉を、花巻東もなんとか打ち崩そうと攻め続ける。そして土壇場の9回裏。一死後、代打の山本英が初球を思い切りの良いスイングでレフト前ヒット。すかさず俊足の佐々木泉が代走に送られる。しかし、ここで微妙な判定が勝負を分ける。



 ベンチからのサインは盗塁とセーフティーバントだった。初球、佐々木泉がスタートし盗塁成功。沸き立つ花巻東のベンチ。しかし、打席でバントの構えからバットを引いた佐々木隆貴の動きに、若林浩主審が守備妨害を宣告。打者アウト、走者が一塁に戻され試合再開。次打者の1番太田知将が二塁ゴロに倒れて試合終了となった。


 試合後のインタビュー、大谷は不本意なピッチングに悔しさを滲ませ号泣。だが大谷以下、レギュラー中6人が2年生。新チームに期待を抱かせた。翌春、再び甲子園にやって来た大谷は、初戦、大阪桐蔭と対戦。藤浪晋太郎(現阪神)と投げ合い、敗れたが、藤浪から右中間に豪快なホームラン。そして夏の岩手県大会では高校野球史上最速となる160kmを計測。しかし決勝の盛岡大付戦に敗れ、最後の夏に甲子園に戻ってくることは出来なかった。




(矢崎 良一)

文春オンライン

「大谷翔平」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ