工藤静香“炎天下の犬散歩”に怒り収まらず...自ら裸足になって街中へ

8月13日(火)10時30分 まいじつ


画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 



歌手の工藤静香が、連日「炎天下での犬の散歩はダメ」と自身のインスタグラムで訴えている。ペットを飼う者として〝当たり前〟とも思えるメッセージだが、本人は日を増すごとに熱意がヒートアップしているようで、ついにはストーリー機能を使って、熱くなったコンクリートの上で裸足になり熱さを伝えるなど、身体を張って危険性を伝えている。


【関連】工藤静香“ダンナの恩師”逝去でも楽しいインスタ投稿止まらず! ほか


工藤は8月4日、自身のインスタグラムを更新。自らが描いたと思われる〝犬の足跡〟のイラストを公開するとともに、



《日差しがきつい炎天下、暑そうに人間は日傘を差しながら愛犬の散歩をさせている方をよく見掛けます。非常につらい胸が苦しくなる光景です》



と、熱くなった地面の上で犬を散歩させることの危険性を忠告した。また、



《手が嫌なら裸足になってご確認するのもいいかもしれません。日中は道路は50度を軽く超えている気がします》



と、具体的な対策案を示している。


そして、その2日後の6日昼、工藤は再びインスタグラムのストーリー機能を使って、《この時間の犬の散歩はなしです。2秒でも熱い》と、日が照る地面を直接素手で触る様子を投稿。さらに、飼い犬に向かって《お手々、アチアチになっちゃいますから気を付けましょう。アチチ…! アチチ…!》と、炎天下での散歩を自粛するようメッセージを投稿している。





 


しーちゃん怒りの火渡り修行


「この投稿を受けて、各ネットニュースサイトでは、工藤さんを称賛する記事が多く配信されました。その記事たちを読み、気を良くしたのでしょうか…、工藤さんの〝勢い〟はますます加速していきました」(芸能ライター)


同じ6日に、再び愛犬との2ショット写真を公開し、コメントで《昼は我慢! 早朝か夕方、道路を手で触ってからお散歩に行こうね!》と投稿。しかしネット上では、



《しつこい!! 本気でイライラしてきた》

《分かった! もういい! しつこい》

《アスファルトが熱いのはよーく分かったから》



などと、うんざりする声が上がりだすことに。しかし、そんな声は工藤に届くはずはなく…。


「8日、またも炎天下で散歩する人を見掛けたのか《何か苦しい》《虐待だと思った》と、厳しいコメントとともに自撮りをアップ。そして次に投稿されたストーリーでは、ついに工藤さん自ら履いていたパンプスを脱ぎ、熱々のコンクリートの上で裸足に! 以前『手が嫌なら裸足になってご確認するのもいいかも』と対策を語っていましたが、まさか自ら実践するとは…。この動画で工藤さんは、明らかにイライラした口調で『日差しの中で、どれだけ熱くて、裸足になって歩けるのか、確かめてみてください』と言い放ってからパンプスを脱ぎ『アチチチチ…』と、いかに地面が熱くなっているかを伝えています。言い方も声もわざと誰かに聞こえるような感じなので、もしかしたら近くに散歩中の人がいたのかもしれませんね」(同・ライター)


工藤の注意喚起にかける熱意は、炎天下の路上よりも熱くなっているようだ。


 


まいじつ

「工藤静香」をもっと詳しく

「工藤静香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ