土屋太鳳「チア☆ダン」部室が荒らされる5・5%

8月13日(月)10時10分 日刊スポーツ

金曜ドラマ「チア☆ダン」の舞台挨拶で記念撮影に納まる主演の土屋太鳳(前列中央)ら

写真を拡大


 土屋太鳳(23)主演のTBS系連続ドラマ「チア☆ダン」(金曜午後10時)の第5話が10日に放送され、平均視聴率が、5・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。
 視聴率は初回から8・5%、8・6%、6・6%、7・3%だった。
 同ドラマは、17年に広瀬すず主演で大ヒットした映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のドラマ化作品で、映画の9年後が描かれるオリジナルストーリー。
 同ドラマは、第5話から期間限定でキャスト計14名が副音声を務める“3週連続、夏は「チア☆ダン」副音声祭り!”を開催中だ。10日、17日、24日の計3回放送される。5日放送では、第4話のラストでチアリーダー部からチアダンス部への入部を決めた芙美役の伊原六花とカンナ役の足立佳奈、チアリーダー部の部長・望役の堀田真由、そしてチアリーダー部のナンバー2的存在であるさくら役の福地桃子が登場し、裏話などを語った。
 第5話の内容は、福井商店街のお祭りで踊りを披露したわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部・ROCKETSのステージは大成功に終わり、さらにチアリーダー部1年生の芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)も加わり部員は10人となった。
 そんな中、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発。望(堀田真由)率いるチアリーダー部が、芙美とカンナがチアダンス部に入った腹いせでやったに違いないと怒るROCKETS一同。そんな中、部室にやって来たわかばと麻子(佐久間由衣)が目にしたのは、芙美を心配そうに囲む汐里(石井杏奈)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、カンナの姿だった。
 話を聞くと、芙美がチアリーダー部たちによって足にけがを負わされたという。堪忍袋の緒が切れた汐里、茉希、渚はチアリーダー部の元へ行こうとするが、わかばはそれを阻止し、1人でチアリーダー部の部室へ向かう。
 一方で、チアダンス部の練習を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)はコーチが必要だと感じる。そこでコーチを探すために東京へ向かうが…。

日刊スポーツ

「チア☆ダン」をもっと詳しく

「チア☆ダン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ