4トントラックで足場や残土を運搬する元カリスマギャルのトラガール・渡辺かなえ「自分がデザインした作業着でかわいく頑張ってほしいです」

8月13日(火)6時20分 週プレNEWS


いま、日本全国で「トラガール」がアツい!

人手不足にあえぐ、運送業界で今"トラガール"と呼ばれる女性トラックドライバーが増えている。

そんな中、10年以上前からトラックのハンドルを握り、今でも現役トラガールとして働いているのが、渡辺かなえさん(34)だ。

じつは彼女、かつては『egg』の表紙を飾り、『小悪魔ageha』の読者モデルとして人気を博したギャルのカリスマ的存在。また数年前からは『COMPRENDA』というブランドを立ち上げ、トラックドライバーの作業服もデザイン。トラガールの拡大にも貢献している。

そんな彼女にトラックに乗り始めたきっかけから"トラガール"としての今後の夢まで聞いた。

──渡辺さんは元カリスマ読モだったとか。それが、なぜトラックに乗ることに?

渡辺 実家が重機のリース業だったんです。で、18歳で免許を取って、2週間後に父から「(トラックに)乗ってみろ」と言われまして、それからですね(笑)。その後、20歳で大型免許と牽引免許を取って仕事も本格的にしてました。

──その頃、読モとしても活躍してたんですよね?

渡辺 まぁ、活躍かはわかんないけど、雑誌撮影にはよく呼ばれてました。実家は千葉だったんですけど、仕事終わって、渋谷行って遊んで、そのまま撮影行って、で、翌朝からまた仕事って時もありました。大型の場合は遠距離が多くて、朝3時起きのときはさすがに遊び行く余裕はなかったけど。

──もともと男性が多い業界だし、しかもカリスマギャルともあれば、モテたんじゃないんですか?

渡辺 別にそんなことはないですよ。そもそも仕事関係の人は、みんな私の親を知ってるから、言い寄ってこないですしね。

──失礼しました(汗)。今も大型がメインなんですか?

渡辺 今は4トントラックですね。建築現場の足場や残土などを運搬しています。とにかく運転が好きなんで、昔は4トントラックでデートに行ったりもしました(笑)。でも長年運転しているけど、いまだにちょっと方向音痴で。

──ベテランなのに!(笑)

渡辺 あと迂回が少し苦手だから、道を間違えると大変です(笑)。しかも4トンの仕事の場合、毎回現場が違うから、行く途中でつい狭い道に入っちゃうと「ああ、終わった......」って思っちゃうこともありますね。もし実家がやってなかったら、トラックは運転してなかったかも(笑)。

──『COMPRENDA』というブランドも展開していますけど、始めたきっかけは?

渡辺 作業服って、なんで可愛いのがないんだろー?と思ってて。なければ自分で作ってみるか!と思ったんです。この業界って女性がまだ少ないですからね。仕事へのモチベーションの上がるかわいい格好で、少しでも頑張ってほしいなと思ってやってます。

──すべてご自身でデザインされているんですよね?

渡辺 そうです、つなぎだけじゃなく、中に着るTシャツとかいろいろ作ってます。以前、トラックの展示会で、着てくれている方がいて、最高にうれしかったです!

──最後に今後の目標を教えてください。

渡辺 まだ計画段階で勉強中なんですけど、不動産の勉強を始めてます。いつかトラック専用のパーキングエリアとか作りたいんです、昔のドライブインみたいな。大型だと置ける場所がなくて、休憩場所も困るし、みんな野菜とかちゃんとしたものを食べないので、そこでしっかり栄養のある食事を出せたらいいなと思ってます。

●渡辺かなえ(わたなべ・かなえ)
千葉県出身 18歳で免許を取得後、ドライバーに。ギャル誌の読者として活躍していたことも。自身のブランド『COMPRENDA』で女性用作業着などを展開。

取材・文/鯨井隆正 撮影/山下 隼

週プレNEWS

「カリスマ」をもっと詳しく

「カリスマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ