絢香とアンジェラ・アキ 久々の再会に「また2人で歌う姿みたい」

8月13日(日)17時30分 Techinsight

アンジェラ・アキと絢香(画像は『絢香 2017年8月13日付Instagram「久々に会えた~」』のスクリーンショット)

写真を拡大

絢香が8月13日、『絢香 ayaka_official_jp Instagram』にて「久々に会えた〜」とアンジェラ・アキと笑顔で寄り添う姿を公開した。「アンジーと会う時間は、いつもあっという間に過ぎる」というなかで「#姉的存在」であるアンジェラと積もる話もあっただろう。そんな2人の表情にフォロワーも「絢香も好きだけど、アンジェラも好き。仲よしでうれしー」「絢香、妹みたいな顔してる」と優しい気持ちになれたようだ。

アンジェラ・アキは2005年9月にシングル『HOME』、絢香は2006年2月に『I believe』をリリースしてメジャーデビューしており、ほぼ同期にあたる。10歳差の2人は当時から仲が良く、アンジェラが2013年11月に翌年の全国ツアーをもって音楽活動を無期限休止してアメリカの音楽大学に留学する意思を公表した際も「新たな夢に向かって大きな決断をしたアンジェラは本当にカッコイイ!! いつも刺激をくれる仲間。ずっと応援してます」とツイートしていた。

昨年の5月6日、アンジェラは『アンジェラ・アキ Facebook』で「2年間の学生生活が終わりました」「学校に通うのはこれで終わりにして、音楽制作を始めようかな」と伝えて次の段階に入った。その後一時帰国してミュージカル制作を行うなか、7月に絢香とラジオ番組でトークしている。それからおよそ1年が過ぎて今回、久々のツーショットが実現した。

2人はアンジェラが音楽活動をしていた頃にライブイベントでコラボしたり、絢香がアンジェラの名曲『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』をカバーして話題となったこともある。そんなことが思い出されるのだろう「またラジオの時みたいな話が聞きたいな〜」「また2人で歌う姿みたいよ」と期待する声も寄せられた。

まだアメリカを拠点にミュージカル制作を進めるアンジェラ・アキだが、May J.が今年5月24日にリリースした10枚目シングル『母と娘の10,000日 〜未来の扉〜』を楽曲提供して音楽プロデュースも担当した。音楽活動も少しずつ始めていることから、絢香とコラボする可能性もありそうだ。

画像は『絢香 2017年8月13日付Instagram「久々に会えた〜」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

絢香をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ