中村江里子、パーティーを開催するも予算オーバーでカラオケ大会実現ならず「泣く泣くあきらめました」

8月14日(水)18時19分 AbemaTIMES

 フリーアナウンサーでフランス在住の中村江里子が14日に自身のアメブロを更新。約190人を招き、年に1回のパーティーを開いたことを明かした。

中村江里子公式ブログよりスクリーンショット
 この日中村は「7月初め、長い夏のヴァカンススタート前に、ここ数年、恒例となっているパーティーをしました。」と明かし「こちらはドリンクバー。」「新鮮なフルーツたち。」「パンとフロマージュ。」と提供したドリンクや食べ物の写真を公開、「写真を撮り忘れてしまったのですが・・・奥の方には生牡蠣のカウンターも用意し、その場でお店の方が牡蠣の殻をあけてくださり、いただけるようにしました。」と明かした。

 また「長女、長男はお友達も何人か招待。一緒に記念撮影。もうみんな体も大きいでしょう?」と集合ショットを公開、「20時スタート。実はこの夜のゲスト・・・・190人くらい・・・。いや〜〜本当にお天気でよかった。雨だったら・・・どうしよう〜〜と心配でした。22時ちょっと前でもこの明るさ。」とパーティーの様子を公開。

 「昨年に続き、生の音楽とともにダンスタイムスタート!!15人ほどで編成されている音楽グループに来ていただき、その迫力にみんなの興奮も高まります。」とダンスをする招待客の写真や「アイスクリームのスタンドも!!」と写真を公開した。

 中村はこのパーティーについて「年に1回のパーティー。お仕事でお世話になっている方々や、友人たちを招いての大感謝祭という感じでしょうか?忙しくてなかなか会えない友人たちも、こんな気軽なパーティーだったら、ちょっと立ち寄れたりしますし、毎年、参加している方たちはとっても楽しみにしてくださっていて。「毎年バージョンアップしているねえ!!」なんて言われ、彼と二人で喜んでいました。」と明かした。

 さらに「本当は大カラオケ大会にしたかったのです。生演奏で、フランス対日本で歌合戦!!でも相当な予算オーバーとなってしまい・・・・泣く泣くあきらめました。」とのことで「来年は実現するといいなあ。」とブログを締めくくった。
 

▶︎【映像】新川優愛 結婚会見で明かす"まるでドラマみたいな物語" 飛び出した名言の数々

AbemaTIMES

「中村江里子」をもっと詳しく

「中村江里子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ