「正直、言います」発言炎上の真相……松井珠理奈に何が起こったのか?——2018上半期BEST5

8月14日(火)17時0分 文春オンライン


2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。エンタメ部門の第2位は、こちら!(初公開日:2018年7月3日)。



*  *  *


 6月16日にナゴヤドームで行われた「AKB48世界選抜総選挙」から2週間あまりが経った。1位となったSKE48松井珠理奈は、翌17日、AKB握手会会場で取材に応じたものの、握手会自体には体調不良を理由に途中で退場。


 同日には、19日にSKEの本拠地である名古屋・栄のSKE48劇場で予定されていた松井の「生誕祭」の中止も発表された。これについて本人はツイッターで《安心してください!/生誕祭延期です!/中止じゃない!》とファンに伝えたが、以後、いまのところ新たな投稿はない(2018年7月2日現在)。




1位になったのに……ネットにはバッシングが相次いだ


 今回の選抜総選挙は、地元・名古屋での開催ということもあり、松井には1位になってほしいという期待が集まり、本人もそれを目標にのぞんだ。16日は、開票イベントを前にオープニングアクトとコンサートが開催されたが、このとき、松井はたびたび涙を流し、一時は動けなくなってステージから抱きかかえられながら退場する場面もあった。それほどプレッシャーは大きかったということだろう。



2018年世界選抜総選挙の結果順位 公式サイトより


 しかし念願の1位に輝いたにもかかわらず、その発表直後よりネット上には松井に対するバッシングが噴出した。開票イベントで3位にHKT48宮脇咲良の名が発表された瞬間、松井が同じSKEの須田亜香里と抱き合って喜んだことなどに対し、ツイッターでは「謙虚さがない」「自分勝手」といった声が上がったほか、なかには、1位に決まった直後、最初のツイートが《I love Nagoya,but I hope to meet fans all over the world! It's what a true world champion should do,afterall!》と英文であったことから、「日本語でファンに感謝するのが先だろう」との批判も出た。驚いたことに、松井はこのような自分を批判あるいは誹謗中傷するツイートにまで「いいね」をつけていた。




 こうした状況に対し、見かねたファンたちによりツイッターでは「 #珠理奈いつもありがとう 」というハッシュタグが生まれ、これまでSKEを牽引してきた松井に感謝を伝えたり、体調を心配するツイートもあいついでいる。


 選抜総選挙ではこれまでにも、2013年にHKTの指原莉乃が初めて1位となった際、一部のファンやテレビ中継を観ていた視聴者から反発の声が上がったこともある。今回の松井へのバッシングもそれを思い起こさせないではない。しかし今回の世間の反応はあのとき以上に過剰にも感じられる。



何がバッシングに繋がったのか?


 今回のバッシングで火に油を注いだと思われるのが、総選挙終了後に行われた選抜メンバー(今回の総選挙で16位までに入ったメンバー)の写真撮影に宮脇咲良が欠席したことについて、開票イベント前のコンサートで松井から“ダメ出し”されたのが原因ではないかと一部メディアが報じたことだ。その根拠としては、くだんの写真撮影のあと、報道陣を集めて行われた囲み取材での松井のある発言があげられた。


 じつは筆者もこの囲み取材に参加していたのだが、たしかにそこで松井は宮脇にダメ出しした事実を明かしていたものの、それはその後報じられた内容とは若干ニュアンスが異なる。そもそも、くだんの発言は、写真撮影に宮脇が欠席した理由を説明したものではなく、開票イベントのステージで宮脇にどんな言葉をかけたのかという記者の質問に対し答えるなかで出たものだ。



松井が会見で語っていたことの真相とは


 開票イベントでは、松井が1位に決まったあと、司会の徳光和夫からうながされて宮脇に「ライバルになってくれてありがとう」と伝える場面があったが、そのあともマイクが入っていないところで松井は宮脇に何か話しかけていた。記者の質問はその内容についてであり、これに対し松井は、《正直、言います。全部話しますね。いままで隠してたこと。みなさんのことを信頼してるから》と前置きしたうえで、以下のように語った([]内は筆者注)。



《コンサートで「10年桜」[2009年発売のAKBのシングル曲]を歌いました。(中略)でも、まわりを見たらオリメン[オリジナルメンバー。この場合はシングル「10年桜」の選抜メンバー]が[自分]一人しかいなくて。みぃちゃん[峯岸みなみ]いるのに、そこにいなくて。どうして偉大な1期生が、私たちの先輩のAKBの1期生がそこにいないんだろうって思ったら、すごい不安になっちゃって。でも私がやるしかないと思って。だから私が命を懸けて全力で踊ったんです。歌ったんです。(中略)


 私は「再会の誓い」[曲中の歌詞]の瞬間に咲良たんに「もっとちゃんと踊って」って言いました。じゃないとAKBが終わるから。それを言ったら、咲良たん出れなくなっちゃいました。悲しいです。だから「ごめんね」って言いました。だけどそれは咲良たんが好きだからだよって。咲良たんは48グループを盛り上げるには必要な存在です。だから本当は来年も総選挙に出てほしい[宮脇は今回の選抜総選挙で、立候補するのはこれが最後と表明していた]。だって私が出るんだから。本当のライバルになってもらわないと》



宮脇は「うなずいてくれました」


 ここで語られているとおり、コンサート中に松井は、AKBの将来を心配するあまり、宮脇に思わず「もっとちゃんと踊って」と言ってしまったという。そしてそのことを総選挙で1位に決まったあと、あらためてステージ上で宮脇に直接「ごめんね」と謝ったというわけである。謝罪に対し宮脇は《うなずいてくれました》と、松井は話していた。


 なお、上記の発言中、「咲良たん出れなくなっちゃいました」と松井が言っていたのは、総選挙終了後の写真撮影ではなく、コンサートのその後のステージに出られなくなってしまったという意味だろう。話の流れからいっても、そう理解するのが妥当だと思う。



グループへの思いが強く出すぎたのでは


 選抜総選挙前後の松井の言動には、たしかに思いが出すぎた部分もあったかもしれない。しかしそれもすべては、世間的に関心が薄れつつあるAKB48グループへの危機感から来ていることは間違いない。


 囲み取材でも松井の口から出たのは、自身の展望を語るというよりは、グループを今後どうするかという発言が大半だった。たとえば、開票イベント前のコンサートでタイ・バンコクの姉妹グループであるBNK48のメンバーが、AKBの往年の曲「RIVER」を歌っていたことについて《すごく一生懸命すぎて、涙があふれました。これが本当の『RIVER』だなって。でもそれを日本でやらなくちゃ。だから私がやります》と決意を表明していた。そうした意気込みに反し、このあと体調を崩してしまったのも、選抜総選挙でのプレッシャーに加え、グループに対し責任感を抱くがあまり無理がたたったからではないだろうか。



AKBグループは“世界で戦えるアイドル”になれるか


 6月27日深夜には、ニッポン放送のラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』に宮脇咲良のほか、AKB48グループ総監督の横山由依(AKB48)、岡田奈々(AKB48・STU48兼任)、高橋朱里(AKB48)が出演した。松井はこの日、AKBが生出演したテレビ東京の『テレ東音楽祭』も欠席していたため、横山が番組の冒頭で《復活を待っていただけたら》と呼びかけた。


 開票イベントの翌日、報道陣の取材に対し、松井は《真の世界チャンピオンになりたい。今度は私たちが世界へ行かないと。世界で戦えるアイドルになります》と語っていたという(「スポーツ報知」2018年6月18日)。


 折しも選抜総選挙と時期を同じくして、AKB48のシステムと韓国の公開オーディション番組『PRODUCE101』を統合させたプロジェクト『PRODUCE48』の放送が日韓両国で始まり(日本ではBSスカパー!が放送)、松井や宮脇を含むAKB48グループのメンバーが、韓国の芸能事務所に所属する練習生たちとともに競い合っているところだ。



 同番組では毎回、韓国国内でファン投票が行われ、暫定順位が発表される。6月29日に放送された第3回では、宮脇が3位、松井が12位にランクインした。最終的には、8月末に放送の最終回で、エントリーしたメンバーのなかから12人が選ばれ、新たなグループとしてデビューする予定だ。選抜総選挙は終わったが、彼女たちの新たな戦いは、すでに日本を飛び出して始まっている。



(近藤 正高)

文春オンライン

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ