“事故物件”に住んで6年 芸人・松原タニシが語る「非通知の電話に出ると子供の声で……」

8月14日(水)17時0分 文春オンライン

 事故物件にばかり6年間住み続けていると、さすがに様々な現象に見舞われた。


 初めに住んだ物件(連続殺人があったマンション)では、電話の向こうから女の声が聞こえると言われたり、女が憑いているからという理由で喫茶店を入店拒否されたり、マンションの入口で車に轢かれたりした。


 2軒目に住んだ物件では、「ゴボゴボゴボ」という音が入った謎の留守電が残されたり、何者かにドアノブをガチャガチャされたり(この部屋で殺人事件を起こした犯人だった可能性が高い)、スマートフォンのカメラでは顔認証が機能しなくなったりした。


 3軒目では慢性的な頭痛に悩まされ、4軒目では部屋に入るなり気絶し、5軒目では寝ても体力が回復せず、後輩芸人とルームシェアしている6軒目では僕ではない誰かが帰ってきているという。



全ての始まりである1軒目の事故物件


引っ越しを手伝ってくれた後輩2人が車に轢かれる


 奇怪な現象は自分だけではなく、周りにも伝播した。


 事故物件への引っ越しを手伝ってくれた後輩芸人2人が、僕が車に轢かれたのと同時期に、同じく車に轢かれている。


 僕を事故物件に住まわせた張本人、松竹芸能の先輩である北野誠さんは、電話で僕に仕事上の注意をした直後、飼い犬が危篤状態になった。


 プライベートで僕と一緒にハイキングに行った一般女性は、山中で20mの大木が倒れてきて、危うく下敷きになるところだった。


 ラジオ番組のイベントを観覧していたおじさんは、僕と握手をした瞬間に、大勢が見守る中、掛けていた眼鏡が吹っ飛んだ。



 放送局の営業の方とLINEを交換すると、その瞬間からその方のスマートフォンの待ち受け画面にブラックホールのような大きな黒い円が表示され、消えない。


 テレビ番組のオーディションでは、僕が怪談を話し始めた瞬間にスタッフの数珠が弾けた。


「23時 松原タニシさん 女性2人と来店」のメモ書き


 怪談イベントをさせてもらった岡山のゲストハウスでは、僕が泊まるはずの部屋に謎の「ま」という宿泊客が泊まっていることになっており、スタッフが部屋を確認しに行くと、誰もいないはずの部屋のシーツがぐちゃぐちゃになっていた。


 六本木にあるフェティッシュバーでは、怪談イベントを開催する約1ヶ月前のある日、店主のママさんが店で気を失って倒れ、明け方目を覚ました後、その間の記憶を取り戻そうと明細を見たら「23時 松原タニシさん 女性2人と来店」とメモ書きしてあったという。しかしその日、僕は大阪にいた。


 この他、出版関係者にも次々と不可解なことが起こる。



「このおじさん誰?」


 漫画家兼ライターの村田らむさんは、僕の体験談である「2軒目の事故物件で謎の『ゴボゴボ』言うだけの留守番電話」の話を漫画に描いてくれた。そのネーム作業の時、見たことのない電話番号から着信が入った。「誰だろう?」と思いつつ電話に出ると、「ゴボゴボゴボ……」と電話の向こう側から聞こえてきたという。



 漫画家の宮本ぐみさんには、このらむさんの体験を話した上で、同じく2軒目の話を別の漫画で描いてもらうことになったのだが、深夜ネーム作業の時、今度は非通知で着信があり、さすがに電話は取らなかったという。


 また、ある出版社の編集者は、僕との打ち合わせが終わってからすぐに非通知で着信があり、電話に出ると子供の声で「やめて……」と言われたという。



 さらに、別の出版社の編集者は、自身がお風呂に入って上がってきたら携帯にいろんな知り合いから「このおじさん誰?」とメッセージが入っていた。どういうことかというと、僕が参考資料として送ったある人物の写真を、知らず知らずのうちに自分の知り合いにランダムに転送していたそうで、その返事が同時にきたということだ。


 そして、いよいよ事故物件も伝染が始まる。



飛び降り自殺、孤独死、そして……


 漫画家の奥香織さんは、松原タニシを題材にした漫画を連載し始めてから、自宅マンションで飛び降り自殺を目撃する。


 僕の単行本の担当編集者は、ある日帰宅すると、マンションの廊下に鼻をつくような異臭が立ち込めていることに気づく。次の日には下の階の住人が孤独死していることが発覚した。


 そしてこの夏、事故物件のドキュメンタリー番組のロケを終えた僕は自宅に帰ると、入口に停まっているトラックと、廊下に立ち込める異臭に違和感を感じる。臭いの原因を探すと、自分が住んでいる真上の部屋で、全身白の防護服らしき恰好をした人たちがゴミ屋敷のような部屋を掃除して、荷物を運んでいた。おそらく、人が亡くなったのだろう。



 ここに羅列した話は全てただの事実である。


 もちろんこれらの事象が事故物件と関わったから起きているという確証はない。ただの偶然と片付けてしまえばそれまでだ。ただし、これらは全て、僕が事故物件に住むようになってからの6年間で起きた偶然である。




INFORMATION


「事故物件住みます芸人」松原タニシ書き下ろし単行本2作目! 


〈昨年、事故物件に5年間住んだ体験をまとめた単行本『 事故物件怪談 恐い間取り 』を書かせてもらいましたが、今年は事故物件から飛び出して、心霊スポットや事件現場、処刑場跡、奇妙な伝承の残る神社など、約2年間で200箇所以上の「異界」を巡った旅の記録を書きました〉





(松原 タニシ)

文春オンライン

「事故物件」をもっと詳しく

「事故物件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ