これからPCゲームを始めようという方にはうってつけ。自作PCシミュレーター『PC Building Simulator』がコンソールでもリリース

8月14日(水)17時25分 電ファミニコゲーマー

 The Irregular Corporationは、自作PCシミュレーター『PC Building Simulator』のコンソール版をリリースした。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchとなる。

 記事執筆時点で国内アカウントではXbox Play Anywhereに対応したXbox One版のみ購入できるようだ。Xbox One版を買えば、Microsoft Store経由でPC版もプレイすることができる。

 『PC Building Simulator』は、その名の通り自作PCを組み立てるゲームだ。登場するパーツの多くは、ハードウェアメーカーからライセンスを受けた実在するものとなっている。intel、AMD、nVidiaを筆頭に、自作PC界隈では有名なメーカーのパーツが多数登場する。

 「キャリアモード」ではPCショップを運営し、顧客の要望に沿ってPCの修理やアップグレード、あるいは完全な1台を組み上げたりして店を切り盛りする。顧客の満足と利益を天秤に掛け、会社を経営していかなければならない。

(画像はSteam 『PC Building Simulator』より)
(画像はSteam 『PC Building Simulator』より)

 また、予算を気にせず自由にPCを組み上げるモードも搭載。数十万円する高価なパーツをふんだんに使用した、夢のようなPCを無料で構築することが可能だ。また、ただPCを組むだけでなく、実在するベンチマークソフト『3D Mark』で構築したシステムのパフォーマンスを測定することもできる。ただパーツを組み合わせるだけでなく、水冷、空冷といった冷却システムや、CPUグリスといった細かな要素にも気を配る必要があり、シミュレーターとしてもしっかりと作られている。

 さらに『PC Building Simulator』は、実際にPCを自作したいという方にもうってつけだ。複雑そうに見える自作PCの組み立て方を、パーツを組み込む順番やパーツの働きなどをレクチャーしてくれる。パーツひとつひとつが高価で、しかもむき出しの電子部品を組み合わせてPCを作ることに抵抗がある方も、どのように組み立てればよいのか楽しく学べるだろう。

(画像はSteam 『PC Building Simulator』より)
(画像はSteam 『PC Building Simulator』より)

 これまでは自作ではないにしても、ある程度3Dゲームが動くPCの所有者しか遊ぶことができなかった『PC Building Simulator』。自作PCを組み立てるゲームがコンソールでも遊べるというのは、これからPCゲームでも遊んでみようと思う方には実利も伴っている。本作の国内発売については未発表だが、PC版は日本語にも対応しているため期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「Xbox」をもっと詳しく

「Xbox」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ