AKB48卒業の後藤萌咲に、向井地美音も労い 「スマイル溢れるラストでした」

8月14日(水)17時45分 J-CASTニュース

アイドルグループAKB48後藤萌咲(もえ)が13日(2019年8月)ツイッターを更新し、自身のAKB48卒業を報告した。

後藤は、



「AKB48 約6年間、応援してくださった皆さま、支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました! AKB48での活動は、本当に幸せなことばかりでした。これからも1ファンとして応援しつつ、自分の夢に向かって、突っ走って行きたいと思います 本当にありがとうございました! またね」


とツイート。



後藤は、2013年の「第1回AKB48グループドラフト会議」で1巡目指名され、チームKに加入し、約6年間AKB48 のメンバーとして活動した。



ファンからは、



「卒業おめでとう。そしてありがとう」

「これからも後藤萌咲を応援させてもらいますね」


といったコメントが寄せられた。



同グループ総監督の向井地美音は、



「もえきゅん卒業公演。チームAではお互い同期のような存在で、楽屋でのおしゃべり相手がいなくなると思うと寂しくなるなあ... 見た目も中身もほんとに大人になったね。もえきゅんらしくスマイル溢れるラストでした。ありがとう、おめでとう」


と後藤を労った。


向井地の他にも同グループメンバーや姉妹グループメンバーから多くの労いのメッセージが寄せられている。

J-CASTニュース

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ