ある意味「裏ドクターX」? ドタバタ勝村政信に改めて「加地先生っぽい」

8月14日(水)17時27分 J-CASTニュース

石原さとみさん(2016年撮影)

写真を拡大

女優の石原さとみさん(32)が主演する「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」(TBS系)の第6回が、2019年8月13日に放送された。

同ドラマは漫画家の佐々木倫子さんの「Heaven?」が原作。第6回では、店長を務める堤計太郎(勝村政信さん=56)が一念発起し、これまでにない意欲的な店舗運営を目指すも、石原さん演じるオーナー・黒須仮名子と対立してしまい紛糾する様子などが描かれた。そんなドタバタぶりが描かれた第6回だったが、放送終了後に一部の視聴者から、「今日の勝村さんは空回り度が加地先生っぽい」といった声が上がったのだ。



理想の店舗を目指して過剰に奮戦



「加地先生」というのは、「ドクターX 外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)に登場する外科医の加地秀樹のことで、演じているのは「Heaven?」で堤を演じる勝村さん。「ドクターX」シリーズでは第1、3、4期に出演したほか、同シリーズのスピンオフ作品である「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」では同役で主演を務めており、同シリーズには欠かせない出演者となっている。



その「加地先生」っぽいと言われた勝村さんだったが、確かに、第6回では、それ以前の放送回における、どこか斜に構えた雰囲気から一変し、自らが理想とする店舗を目指すべく過剰なまでに奮戦する様子が描かれていた。


一方の加地を演じる時の勝村さんだが、大門道子(米倉涼子さん=44)を「デーモン」と呼んでつっかかるも、空回り感が否めないキャラを好む視聴者は多い。このため、前述の視聴者のように「Heaven?」に出演中の勝村さんに加地先生の姿を重ねてしまった視聴者は多かったようだ。




鳥井教授や神原所長も「Heaven?」に出演中



だが、視聴者の「追及」はこれに留まらない。あるツイッターアカウントは、



「出演者ドクターXに出でる人多くない?? 勝村政信さんとか段田安則さんとか岸部一徳さんとかね! しかもさっき、矢柴俊博さんもいたよね!?」


と、勝村さんにと留まらず、段田安則さん(62)、岸部一徳さん(72)、矢柴俊博さん(47)の名前を挙げている。その指摘通り、「Heaven?」でシェフの小澤幸應を演じる段田さんは「ドクターX」シリーズでは東帝大学病院外科副部長の鳥井高役で、また、ソムリエの山縣重臣を演じる岸部さんは名医紹介所所長の神原晶役で出演している。また、常連客の小枝繁として出演している矢柴さんは、「ドクターX」第4期にゲスト出演した経験があった。



このため、前述のアカウント以外にも、「今やってるご苦楽レストランってドラマ、既視感あるなと思ったらドクターXだわ」と、その相似性を指摘する声はもちろん、「ヘブンの収録も終わってドクターX組はもう撮影に入ったかな」と、 10月期放送開始の「ドクターX」第5シリーズに思いを馳せる視聴者もいるほどだ。



別の作品での出演に後から気付いてハッとすることが多いのは、やはり、変幻自在な役者たちの演じ分けが巧みだからなのだろう。



(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

「勝村政信」をもっと詳しく

「勝村政信」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ