AKB48・矢作萌夏が初写真集 「指原さんに200冊買ってもらう」

8月14日(水)8時20分 しらべぇ

矢作萌夏

AKB48・矢作萌夏のファースト写真集『自分図鑑』(白夜書房)が7日にリリース。同日、発売記念イベントが開かれ、矢作が登場し見どころなどを振り返った。


■初作品の思い出

矢作萌夏

バリ島で撮影した初めての写真集。「16歳の思いがとっても詰まっている、ピチピチな写真集。沢山の人に手にとってもらいたい」と推す。バリ島での思い出について、「思ったより波が荒くていっぱい濡れた」と語る。


関連記事:おぎやはぎ矢作が唯一ブチぎれたのはザキヤマのため 「それ以来アタマがあがらない」

■一番頑張ったのは

矢作萌夏

「いろんな面があるが大人っぽい印象の写真が多くて頑張った系が多い」「健全だけど頑張ったところが詰まっている」と作品の出来を語る矢作。

特に、「一番頑張っちゃったのは表紙にもなった花風呂。初めてのお風呂ショットでいろいろ頑張っちゃった」と詳しくは買ってからのお楽しみということなのだろう。

また、一番変わった衣装に、「ティンカーベルみたいで結構かわいくて大人っぽい」を挙げ、「こういうのは初めて着て雰囲気が印象的」と話した。

■次に狙う最速記録

矢作萌夏

AKB史上最速での写真集。また、9月発売のシングル『サステナブル』でも初センターを務めるなど、偉大な記録が続いている。

次に達成したい最速記録について問われると「考えたことなかった」としながらも、「第2弾写真集最速売っちゃったアイドル」だと意気込む。


指原莉乃には…

矢作萌夏

すでに次作は考えており、「16歳は成長のはざまで、まだ幼さは残ってるけど、17歳になったら成長して大人感があるような写真集にしたい」と話す。

なりたい大人の女性として、大先輩の指原莉乃を挙げるも「200冊買って貰う予定です」と先輩の手は借りるようだ。


【矢作萌夏(やはぎもえか)】

2002年7月5日生まれ/埼玉県出身


・合わせて読みたい→指原莉乃、偶然写り込んだ毛にファン衝撃 「ヤバすぎ」「リアルなやつ」


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



しらべぇ

「写真集」をもっと詳しく

「写真集」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ