北川景子、野木亜紀子脚本の『フェイクニュース』でNHKドラマ初主演

8月15日(水)17時15分 クランクイン!

北川景子 画像提供:NHK

写真を拡大

 女優の北川景子が、ドラマ『アンナチュラル』や『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子が脚本を手がけるドラマ『フェイクニュース』(NHK総合/10月20日、27日21時)で主演を務めることが発表された。NHKドラマ初主演となる北川は「真実をあぶり出すことをテーマに熱く演じたいと思います」と語っている。 本作は“フェイクニュース(虚偽の情報で作られたニュース)”をモチーフに、ネットメディアの女性記者が事実を追い求め、孤軍奮闘する姿を描く社会派エンタメドラマ。大手新聞社からネットメディアに出向してきたヒロイン・東雲樹を北川が演じ、NHKドラマで初執筆となる野木がオリジナルストーリーに挑んだ。

 樹はある日、編集長の宇佐美寛治(新井浩文)からインスタント食品への青虫混入事件を取材するよう指示される。樹の前に現れたのは、SNSに青虫混入を投稿した男(光石研)。男が発した青虫混入の投稿をきっかけに、事態は思わぬ方向へ拡大。企業間の争いにまで発展し、その矛先はやがて樹自身にも及んでいく…。

 北川は「何が真実で何が嘘なのか、溢れる情報を取捨選択する力、何を信じるべきなのか判断する力が、現代を生きる私たちには必要だと感じます」とコメント。さらにストーリーについて「真実と嘘、人は何を信じるのか、そんな普遍的なテーマを野木さんがエンターテイメント性あふれる脚本で書いてくださっています」と語っている。

 野木はここ1、2年のフェイクニュースをとりまく状況の変化に「おそらく半年もすれば今の内容も古くなっていることでしょう。一方で、このドラマで描いている混乱は、半年後、一年後、十年後ですら変わらずに起こるような気もしています。まったく喜べません」と嘆きつつ、「とはいえ、これはフィクションです。エンターテインメントドラマです」と断言。「青虫と登場人物たちの悲喜こもごもを、軽い気持ちで観ていただけたら幸いです」と視聴者にメッセージを送っている。

 ドラマ『フェイクニュース』は、NHK総合にて10月20日、27日の21時より前後編で放送。

クランクイン!

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ