セーラームーン声優・三石琴乃、『科捜研の女』でドラマ“初出演”

8月15日(木)8時0分 マイナビニュース

声優の三石琴乃が、22日に放送されるテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 20:00〜)に出演し、事件のカギを握る謎の美女を演じる。

三石は、人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』の主人公・月野うさぎ役や、『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役、『ドラえもん』ののび太のママ役など、幅広いキャラクターを演じてきた。

「以前、声だけで犯人を担当したことはありましたが、実際にテレビドラマに出演するのは人生初です」という三石は「なぜオファーをいただいたのかは、クライマックスに明らかになる、役柄の設定を聞いて納得しました」とのこと。

また、「『科捜研の女』と言えば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました。でも、新しいことにチャレンジすると何か人生が広がると思い、お受けしました」といい、共演する沢口靖子については「撮影後は握手してくだささって、もうすっかりファンです(笑)」と話した。

そして、「今回のエピソードは、いつもの『科捜研の女』とはテイストの違うドラマになっているかもしれません。でも、ちょっとホロっと切なく、そして最後には、きっとあなたの心にグッと余韻の残るお話です」と見どころを語っている。

マイナビニュース

「三石琴乃」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「三石琴乃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ