余命10ヶ月で新婚旅行へ… 31歳男性のエピソードに涙腺崩壊

8月15日(木)5時0分 しらべぇ

新婚カップル(ragıp ufuk vural/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

14日放送の「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)で紹介された乳がんで妻を亡くした31歳の男性のエピソードが、あまりにも切なく、ネット上では多くの反響が寄せられている。


■独りで暮らすハンドクラフトの達人

ハンドメイドの祭典「ヨコハマハンドメイドマルシェ」で出会った戸次(べっき)さんは、ゲームプログラマーとして働く傍らで、趣味でハンドクラフトを嗜む31歳の男性。

趣味と言ってもハンドクラフトの腕前はプロレベルで、裁縫からレザークラフトまで幅広くこなす戸次さん。料理にもこだわりがあり、キッチンには数十種類のスパイス、庭ではハーブを育てており、まるで家事で出来ないことは何一つないかのような完璧超人ぶりだ。


関連記事:中林美和が夫・Zeebraの威圧的態度に涙「外面だけが良すぎて吐き気がする」

■妻ががんで余命宣告

そんな戸次さんは、じつは奥さんを27歳という若さで失っていたと明かす。原因は乳がんで、発覚した当時、医師からは「トリプルネガティブっていう一番悪性度が高いガンで、お医者さんからも『あと1年だろうね』って」と余命を宣告されたそうだ。

亡くなる10ヶ月前には会社を休み、2人でかつて行けなかった新婚旅行へ。「(余命のことは)全部伝えました。今このクスリを入れないと、あと2ヶ月持たないかもしれないって」と、そこで全てを打ち明けたという。

■奥さんの好きな編み物だけは…

奥さんはその時の想いを「誰だっていつ死ぬかはわからない。私はやりたいことをやって死ねるのだ。なんて恵まれているのだろう」と日記に綴っていた。

奥さんのかけていたメガネを今でも大事にしており、2人で使った家具も「引っ越ししても捨てられませんね」という戸次さん。様々なハンドクラフトに精通しても、奥さんが好んでしていたという編み物だけは「今も(思い出しちゃうので)できないかな…」と語っていた。


■ピンクリボン活動に参画

だが、失ったものばかりではない。「妻の病気というものがあって、乳がんに関する知識が増えた。情報提供が出来たら良いと思って『ピンクリボン』っていう、乳がんについて正しい知識を広めていこうっていう運動をしてます」と戸次さんは前向きに語る。

「一年間に乳がんで亡くなる日本人は3万人いるんですけど、それって交通事故で亡くなる人よりも多いんですよ。まだがん検診を受けたことがないって人は、マンモグラフィーを受けてほしいと思います」と、がん検診の大切さを訴えかけた。


■ネット上の反応は…

冒頭の人物紹介からは想像もつかない壮絶なエピソードに、Twitter上では涙腺が崩壊してしまったユーザーが数多く見られた。

がんで最愛の妻を亡くした後も、ピンクリボン運動を通じてがん検診の大切さを啓発し続けている戸次さんの姿を見て、番組ゲストの中村勘九郎も「最初、友達になれないとかいっちゃった…」としきりに反省していた。


・合わせて読みたい→ユーチューバー、度を越したイタズラ 通報され涙ながらに謝罪


(文/しらべぇ編集部・びやじま



しらべぇ

「エピソード」をもっと詳しく

「エピソード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ