『笑ってコラえて』生きているハチ公を撫でた男性と遭遇 生前エピソードに感激

8月15日(木)6時31分 しらべぇ

忠犬ハチ公(bankrx/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

14日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)では、新コーナー「高そうな犬を連れている人はきっとセレブに違いないの旅」で、犬を連れている人に話を聞いた。

その中でも特に、田園調布で出会った男性が多くの視聴者の注目を集めている。


■ハチ公・原爆の雲を目撃

当番組では、トイプードルを散歩させている男性にインタビュー。幼稚園の頃から犬を飼っていたというこの男性は、なんと昭和9年〜10年に、渋谷で本物の忠犬ハチ公を撫でたことがあると明かした。

なお、男性によると、よその人物がハチ公を「飼っていた」という。また、耳が折れているハチ公は喧嘩して負けたことから、耳を縫ってもらったこともあるらしい。

そんな男性は、広島県で原爆の雲を見たことがあるという。男性は実際に原爆が光る瞬間も目撃しており、原爆投下後の広島県の様子を明かす。男性は「立ってる建物は1つもなかった」など、実際に目の当たりにした悲惨な光景を独自の目線で語ってくれた。


関連記事:相次ぐハロウィンの痴漢被害 「触られる女性が悪い」に怒りの声

■奇跡の遭遇に驚きの声相次ぐ

生きているハチ公を撫でたことがあり、広島県で原爆の雲を目撃したことのある男性との遭遇には、驚く視聴者が続出している。


■世界平和を願っている人の割合は

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名に調査を実施したところ、全体の69.0%が「世界平和を願っている」と回答。

世界平和を願っている性年代別グラフ

年代が上がるにつれ、世界平和を願う人の数は増加している。実際に戦時中を生きた人々だからこそ、世界平和がいかに大事なものかをよく理解しているに違いない。

今回、当事者による戦時中の貴重な話が聞けたことで、戦争に対する考え方や平和の大切さを改めて考える機会になったのではないだろうか。


・合わせて読みたい→『笑ってコラえて』合コンに遭遇 選ばれなかった女性に同情の声も


(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年2月9日〜2018年2月13日

対象:全国20代〜60代の男女1,357名 (有効回答数)

しらべぇ

「笑ってコラえて」をもっと詳しく

「笑ってコラえて」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ