近藤誠也六段が鈴木勝裕アマ下す 午後7時から三枚堂達也六段ともう一局/将棋・朝日杯将棋オープン戦

8月16日(金)15時42分 AbemaTIMES

 将棋の朝日杯将棋オープン戦の一次予選が8月16日に行われ、近藤誠也六段が鈴木勝裕アマを86手で下した。近藤六段はこのあと午後7時から、三枚堂達也六段ともう一局指すことになった。

 朝日杯将棋オープン戦は持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度と藤井聡太七段(17)が2連覇している棋戦としても知られている。

 高勝率を誇る近藤六段は、角換わり腰掛け銀の戦型から、安定した指し回しでリード。アマの強豪相手に、持ち時間40分の早指しながら6分余す快勝だった。

(C)AbemaTV

▶【現在対局中】朝日杯将棋オープン戦一次予選 近藤六段−三枚堂六段

▶8/16(金)16:55〜 第21回 京急将棋まつり 永瀬拓矢叡王 対 佐々木勇気七段

AbemaTIMES

「将棋」をもっと詳しく

「将棋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ