テリー伊藤対談「西郷輝彦」(1)騒がしいツアーの日々も幸せでした

8月16日(金)5時57分 アサ芸プラス

●ゲスト:西郷輝彦(さいごう・てるひこ) 1947年、鹿児島県生まれ。64年、「君だけを」でデビューし、同年の「第6回日本レコード大賞新人賞」受賞。その後も「星娘」「星のフラメンコ」などのヒット曲を連発、橋幸夫舟木一夫と“御三家”と呼ばれ大人気に。73年、主役を務めたドラマ「どてらい男」で本格的に俳優業へ。以降、時代劇へも進出し、「江戸を斬る」「独眼竜政宗」などに出演した。94年、デビュー30周年を機に歌手活動を再度本格化。2000年には橋幸夫・舟木一夫とG3K(御三家)ツアーを行う。今年2月、デビュー55周年記念ベストアルバム「アクター」発売。現在はTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」に、主演の大泉洋演じるサラリーマンが務める会社の社長・島本博役で出演中。

 橋幸夫・舟木一夫とともに「御三家」として大人気を博し、現在も歌手・俳優として活躍中の西郷輝彦。デビューまでの経緯から代表作「どてらい男」との出会い、あの俳優たちの素顔、そして放送中のドラマ「ノーサイド・ゲーム」の裏側まで天才テリーに残さず語り尽くした!

テリー 西郷さんは今話題のドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演中で、さらに今年はメモリアルイヤーらしいじゃないですか。

西郷 ええ、おかげさまでデビュー55周年を迎えることができました。

テリー すごいなァ、まずは人気歌手からキャリアがスタートしました。

西郷 はい。飯田久彦さんや坂本九さんに憧れて中学の時に家出をしましてね、大阪のジャズ喫茶のコンテストを受けたんですが、落ちちゃって。しかたなく紹介されたバンドのバンドボーイになって、関西や名古屋で歌っていたらスカウトされて東京へ出たんですが、仕事もなくて、しかたなく多摩川でキャッチボールばかりしていたんですよ(笑)。当時15歳だったかな。

テリー ああ、そんなつらい時期があったんですか。

西郷 そのあと事務所が変わったら、ちょうどできたばかりのクラウンレコードからデビューすることができたんですよ。

テリー デビュー曲の「君だけを」は、僕らの世代で歌えない人はいないくらいの大ヒットでしたよ。そこから生活もガラリと変わったでしょう。

西郷 ええ、デビュー前に日比谷公園で取材を受けたことがあったんですが、次また同じようにやろうと思ったら、人が集まりすぎて、できませんでしたからね。あと全国ツアーに行くのでも、バンド全員が一緒のバスに乗っての移動で、自由なんか全然ありませんから。特に旅館の周りは人だかりがすごくて、一度入ったらまず出られないんですよ。だから若い時に行ったところで覚えているのは会場の周りだけ(苦笑)。

テリー スターならではの悩みですねェ。

西郷 いえ、その頃は「毎日こんなに幸せでいいのか」という感じでしたね。鹿児島から家出してまで入りたかった音楽の世界で活躍できたわけですから。

テリー さらにそこから橋幸夫さん、舟木一夫さんと一緒に「御三家」と呼ばれるようになりますよね。今で言うアイドルユニットの先駆けみたいな感じだと思いますけれど。

西郷 あんなにうれしいことはなかったです。だってついこの前まで実家のテレビで「潮来笠」を歌っているのを見てた橋さん、ずっと練習で歌っていた「高校三年生」の舟木さんのおふたりと自分が一緒に並べるなんて、想像もしていませんでしたからね。

テリー 橋さん、舟木さんは先にデビューしていて、特に橋さんは4年も先輩ですよね。そういう部分での距離感みたいなものはなかったんですか。

西郷 心の中ではどう思っていたんでしょうね。でも僕の前では「若いのに生意気だ」みたいな態度は一切見せなかったですよ。そもそも、タイプも全然違いますしね。

テリー 言われてみればそうですね、並ぶと和服に学生服、モダンな若者っていう感じだったから。

西郷 ええ、それがよかったんじゃないでしょうか。

アサ芸プラス

「西郷輝彦」をもっと詳しく

「西郷輝彦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ