「ブス恋」13年ぶりドラマ化も「視聴者からクレーム殺到」危惧される要素とは?

8月16日(金)9時58分 アサ芸プラス

 構成作家の鈴木おさむによる妻・大島美幸との結婚生活を描いたエッセイ「ブスの瞳に恋してる」。06年にフジテレビ系でドラマ化され、根強い人気を誇った同作の実写版が13年ぶりに「ブスの瞳に恋してる2019」として帰ってくることがわかった。9月17日からフジテレビオンデマンドで配信される「ブス恋2019」だが、早くも注目を集めている。

 同作について「ネット配信ながらかなりの話題を集めるのは間違いないでしょうね」と語るのは女性誌編集者である。続けてもらおう。

「今回、主要な登場人物設定が『イケメン声優』と『声優を目指すアルバイト女子』とアレンジされているのですが、中でも主人公を演じるEXILE NAOTOが最注目ですよ」

 これまでは大役を務めている印象のなかったNAOTOだが、同編集者は「来年公開の映画『ダンシング・マリー』で主演に抜擢され、今後、俳優としてブレイク確実だと言われているんです」と指摘する。

 今から配信開始に期待が集まる同作だが「一方で『きわめて不安な要素』もあるんですよ」と続ける同編集者。「ブス恋2019」の不安要素とは‐。

「女性を“ブス”として扱うことに視聴者からのクレームが殺到するのではないかとの危惧です。13年前はオーケーでも現在の視聴者の感覚では『女性蔑視』と捉えられる危険性が極めて高い。今年1月のドラマ『ちょうどいいブスのススメ』が大炎上したことからみても心配ですね」(前出・女性誌編集者)

 はたして世間の反応は−。

(牧マコト)

アサ芸プラス

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ