青グラブの広島・野村祐輔が、いつか“赤いエース“と呼ばれる日

8月16日(金)11時0分 文春オンライン

「カープの現在のエース」と聞いて誰を思い浮かべるだろうか。これが歴代であれば“小さな大投手”長谷川良平や外木場義郎、池谷公二郎に北別府学、大野豊……と次々と挙げることができる。しかし「現在の」と言われると、「うーん、大瀬良大地かな?」と答える人が多いのではないだろうか。そこで野村祐輔の名前が出てくることは余りないように思われる。野村を特集する雑誌記事を見ても、「エース襲名へ」とか「エースへの道を再び」などと、どことなく煮え切らない表現になっているものが多い。


なぜエースと呼ばれることが少ないのか


 広陵高校から明治大学と、野球人生の多くの時間を「エース」として過ごしてきた野村。2011年ドラフト1位でカープに入団した野村は、翌12年の開幕から先発ローテーションの一角を担い9勝11敗、1.98という驚異的な防御率を残し新人王に輝いた。その後も先発投手として登板を重ね、現在までに通算71勝を挙げている。ルーキーイヤーから現在(19年8月16日)までの169登板全てが先発出場という、ある意味貴重な存在でもある。


 その野村がなぜエースと呼ばれることが少ないのか。そこにはいくつかの理由があると思う。まず時期的な問題として、野村がカープに入団した12年から15年までは、前田健太という絶対的な「エース」が存在していた。前田がカープを離れた16年に野村は16勝3敗という成績を残し、最多勝と最高勝率のタイトルを手にしたが、この年は同時に「エース」黒田博樹の現役最後の年でもあった。その黒田が引退した翌17年には勝ち星を伸ばすことができず、薮田和樹(15勝)、岡田明丈(12勝)、大瀬良(10勝)に次いでチーム内4位の9勝に終わった。


 18年にはエースの条件の1つである開幕投手の座を射止めて白星発進するも、4月下旬に背中の筋挫傷で離脱、その後二軍戦で右ひじに死球を受けて復帰が遅れた。つまり、ことごとく「エース」と呼ばれるタイミングを逸してしまっているのである。今季も6月11日の日本ハム戦で1回に5点を失い降板、そのまま二軍降格となった。それは国内FA権取得まであと1日というタイミングでの出来事であった。このようなちょっとしたツキのなさが野村にはいつも付きまとっているような気もする。


ふと気になった野村の「青いグラブ」へのこだわり


 また、エースの条件としてよく挙げられる「投球イニング数」についてはどうか。先発投手は目標として「1シーズン200イニング」という数字を掲げることが多いが、野村の場合ルーキーイヤーの172.2回が最高である。また今年7月25日に史上354人目となる1000投球回を達成した野村だが、これを登板数で割ると1試合あたり平均6.04回。「大体6回くらいでマウンドを降りる」という野村のイメージを裏付けるものとなる。更にはプロ8年目で完投が3(うち完封1)と少ない。野村がエースと呼ばれることが少ないのは、こうしたことが影響しているのではないだろうか。


 今後野村がエースと呼ばれるためには何が必要になるのか、野村の特徴とは何か、と考えた時、ふと「青いグラブ」が思い浮かぶ。そう、野村は入団時からずっと青いグラブを使い続けているのである。青いグラブ自体はさほど珍しいものではない。1970年代前半に高田繁(巨人)が使用していた青いグラブは全国の子供たちの憧れの的となったし、その後も渡辺久信(西武)や齊藤明夫(大洋)など、多くの選手が青いグラブを使用してきた。しかし、それはほぼチームカラーが青い球団の選手ではなかったか。たとえば森笠繁は、カープ在籍時代は茶や赤白のグラブであったが、横浜移籍後は青と白のツートンのグラブを使うなどチームカラーに合わせたこだわりを見せていた。野村のグラブがひときわ目立つのは、チームカラーが真っ赤なカープだからである。



野村祐輔の青グラブ(練習用) ©オギリマサホ


 グラブが青い理由について、野村自身は「ラッキーカラーが青だから」と説明する(『野村祐輔メッセージBOOK−未来を描く−』廣済堂出版)。野村がどこで「ラッキーカラーが青」という知識を得たかは定かではない。たとえばムッシュムラセ著『「誕生日別」性格事典』(PHP研究所)を見ると、野村の誕生日である6月24日のラッキーカラーは「クリーム色」となっている。しかし野村の「ラッキーカラーは青」という信念は固く、青いグラブも「引退するまで変えないんじゃないですかね」(『野村祐輔メッセージBOOK』)と語る。となると、野村は本当にカープに入って良かったのだろうか、と心配になる。何せ全てが赤の球団である。ここまで強く青にこだわる野村にとって、居心地が悪くないのだろうか。



青いチームと青くないチームとの関係性


 そのようなことを考えながら野村の成績を見てみると、あることに気づく。野村がこれまで最も多く対戦しているチームは中日とヤクルトで、ともに35試合。次いでDeNAの32試合、巨人の28試合と続き、阪神戦に至っては16試合しか登板していない。ローテーションの巡り合わせもあるだろうが、圧倒的に青いチーム(中日、ヤクルト、DeNA)との対戦が多いのである。交流戦にもその傾向はあらわれており、青いチーム(西武、日本ハム、オリックス)には計16試合、青くないチーム(ソフトバンク、ロッテ、楽天)には計7試合の登板となっている。すなわち野村のこれまでの169登板のうち、青いチームに118登板、青くないチームに51登板している計算になる。自チーム(青くない)と対戦しないということを差し引いても、野村が青いチームと対戦する割合が高いことがわかる。


 更に勝率を計算してみると、青いチームに対する勝率は.614(51勝32敗)、青くないチームに対する勝率は.512(20勝19敗)と大きく差がついている。こうしてみると、確かに「青」は野村にとって勝利をもたらすラッキーカラーであり、青いチームからより多くの勝ち星を得るためには自らのチームは青くない方が都合が良いということになる。野村がカープにいてくれて本当に良かった。


 そう思うのは私ばかりではない。7月25日に一軍登録され、晴れて国内FA権を取得した野村に対し、「チームにいてくれることが大事」と球団側が慰留の方針を示したことが報じられた。それに応えるように、一軍復帰後の野村は3勝1敗、防御率1.71の好成績を残している。かつて黒田博樹はエースの条件を「安心感と信頼感」(『Number』659号)と述べた。青を味方につけた野村が、安心感のある投球を今後も続けていった先に、「エース」の称号が待ち受けているのではないかと思うのである。



◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13153 でHITボタンを押してください。





(オギリマ サホ)

文春オンライン

「野村」をもっと詳しく

「野村」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ