エルフやサキュバスにコーヒーを、喫茶店アドベンチャーゲーム『Coffee Talk』2020年1月に発売。『VA-11 Hall-A』に影響を受けた最新作

8月16日(金)18時57分 電ファミニコゲーマー

 インドネシアのデベロッパーToge Productionsは、新作アドベンチャーゲーム『Coffee Talk』の発売日を2020年1月に決定した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC、Mac。穏やかな音楽でゲームを紹介するアナウンスメントトレイラーも公開された。

 『Coffee Talk』は、シアトルのとある一角にある夜にしか営業しない喫茶店が舞台のゲームだ。訪れる人々にコーヒーを出しながら、彼らの身の上や悩みを聞いていく。深夜の喫茶店に訪れるのは人間だけではない。エルフ、サキュバス、オーク、マーメイド、宇宙人など、多様な人種がそれぞれの悩みを抱えている。プレイヤーはバリスタとして彼らを心づくしの飲み物でもてなし、癒やしていく。

 会話の分岐は選択肢ではなく作る飲み物によって決定される。ゲームのシステムはバーを舞台にしたゲーム『VA-11 Hall-A』によく似ており、実際に『VA-11 Hall-A』のクリエイターからアドバイスを貰っているという。

(『Coffee Talk』デモ版より)
(『Coffee Talk』デモ版より)

 システムは似通っているが、ストーリーはもちろん大きく異る。シアトルにあるというその喫茶店に訪れるのは、神話やおとぎ話に登場するモンスターだ。モンスターと言えど、こちらを見かけるなり襲いかかってくるようなことはない。人間と同じように彼らには彼らの人生があり、思い悩みながら生きている。

 たとえばSteamからインストールしてプレイできるデモ版では、エルフとサキュバスのカップルが登場する。さまざまな種族が生活するシアトルであっても、種族の壁を超えることは簡単ではない。周囲の反対を押し切りながら付き合うふたりの心も、少しずつすれ違っていく。バリスタとして彼らに飲み物を出すとすれば、はたしてどのようなものにするだろうか。

 また、1990年代のアニメに影響を受けたというピクセルアートで描かれる本作のグラフィックは、喫茶店にふさわしいローファイな音楽と相まってあたたかい雰囲気を作り出している。立ち絵のみでなく、キャラクターグラフィックはアニメーションするため、思い思いにカフェで過ごす姿も生き生きと描写される。

(『Coffee Talk』デモ版より)
(『Coffee Talk』デモ版より)

 ついに発売日が決定した『Coffee Talk』。もし、まだゲームをプレイしていなければ、Steamでデモ版を遊ぶことができる。こちらをプレイしながら、発売日を待ってほしい。

ライター/古嶋 誉幸

『Coffee Talk』公式サイト(英語)
ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「新作」をもっと詳しく

「新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ