今夜の『警視庁ゼロ係』若頭・的場浩司とゼロ係が“仁義なき戦い”!?

8月16日(金)10時30分 クランクイン!

『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』第5話場面写真(C)テレビ東京

写真を拡大

 俳優の小泉孝太郎が主演するドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4』(テレビ東京系/毎週金曜20時)第5話が今夜放送される。第5話では、暴力団の若頭役で的場浩司が登場。ゼロ係と“仁義なき戦い”を繰り広げる。また、半グレ集団リーダー役で山口翔悟、民児党議員役で阿南健治もゲスト出演する。 本作は、作家・富樫倫太郎の『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社刊)をドラマ化。厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」、通称ゼロ係を舞台に、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”による奮闘を描く。

 ある日、ゼロ係の冬彦(小泉)らは、杉並南署の署長・広瀬昌平(中田春介)や民児党の葛城健三(阿南健治)が登壇する防犯イベントに参加した。後日、広瀬が刺殺体で発見され、現場には血痕で「井」と思われる文字が書かれたダイイングメッセージが残されていた。

 捜査が進むうち、5年前に広瀬が逮捕した半グレ集団の井藤大樹(山口翔悟)が容疑者として浮上する。しかし冬彦は疑問を覚え、寅三と共に井藤に話を聞きに行くと、広瀬が殺されたと知った井藤は「俺が殺したかったのに」と言い、犯行を否定する。

 しかし、捜査本部が井藤の身柄を押さえ、車を調べると凶器の刃物がトランクから発見。できすぎた状況を疑う冬彦が「警察と半グレの両方を敵視する人物がいるのでは?」と口にすると、寅三(松下)は半グレと揉めていた暴力団・桐元組の存在を指摘。調べてみると、組には名前に「井」がつく鉄砲玉・井上寛太(米村亮太郎)がいた。

 果たしてゼロ係は奇妙で不可解な難事件を解決できるのか?

 ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4』第5話は、テレビ東京系にて本日8月16日20時放送。

クランクイン!

「警視庁」をもっと詳しく

「警視庁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ