『ロボコップ』続編、『チャッピー』ニール・ブロムカンプ監督が降板

8月16日(金)14時0分 クランクイン!

ニール・ブロムカンプ監督が『ロボコップ』最新作を降板(※1987年版『ロボコップ』の場面写真)(C)AFLO

写真を拡大

 1987年のヒット・アクションSF『ロボコップ』の直接の続編になると報じられている『RoboCop Returns(原題)』。映画『チャッピー』や『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督がメガホンを取ることに決まっていたが、降板したという。監督自身がツイートして明かした。 ブロムカンプ監督は現地時間15日、「『ロボコップ』から外れた。僕は新しいホラー/スリラーを撮影中で、MGMは待つことができず、『ロボコップ』を今撮影する必要がある。ほかのファンと映画館で作品を観るのを楽しみにしている」とツイートして報告した。

 撮影スケジュールの都合で降板を余儀なくされた様子のブロムカンプ監督。6月末のツイートでは、脚本が完成し、オリジナルシリーズのロボコップスーツが登場することを示唆していた。

 俳優のピーター・ウェラーがロボコップを演じた1987年作は、凶悪犯罪が多発する近未来のデトロイトを舞台に、犯罪一味に惨殺された警官がサイボーグ警官・ロボコップとなって街の犯罪を取り締まるさまを描く。その後、ピーターが続投した1990年作『ロボコップ2』、俳優のロバート・バーグが主演を務めた1992年作の『ロボコップ3』、2014年のリブート版『ロボコップ』と続いたが、今回の最新作は1作目の脚本家エドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナーが再び脚本を執筆。オリジナル直結版になる予定だ。

 新しい監督やキャストについては不明。MGMからの正式発表や続報が待たれるところだ。

クランクイン!

「ロボコップ」をもっと詳しく

「ロボコップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ