モトーラ世理奈と西島秀俊が旅をする…『風の電話』場面写真初解禁

8月16日(金)12時0分 クランクイン!

映画『風の電話』西島秀俊とモトーラ世理奈の場面写真(C)2020映画「風の電話」製作委員会

写真を拡大

 モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務める映画『風の電話』より、ヒロインのハル(モトーラ)と行動を共にすることになる森尾(西島秀俊)とのシーンなどを写し出す場面写真が解禁された。 本作は、今は亡き大切な人と思いをつなぐ電話として、新聞やテレビをはじめ数多くの媒体で取り上げられてきた「風の電話」のエピソードをモチーフにした作品。一人の少女が広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。

 監督は、独特の映画演出と完成度の高さでフランスをはじめ欧州で圧倒的評価を受けている諏訪敦彦が、日本映画としては18年ぶりにメガホンを取る。キャストにはモトーラ、西島のほか、三浦友和西田敏行ら。西島は諏訪監督のデビュー作『2/デュオ』(1997)以来23年ぶり、三浦は『M/OTHER』(1999)以来21年ぶりの諏訪作品への参加となる。

 岩手県大槌町の丘の上にある「風の電話」は、2011年にガーデンデザイナーの佐々木格氏が、死別したいとこともう一度話したいという思いから、自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、ラインのつながっていない黒電話を置いたもの。このエピソードは反響を呼び、東日本大震災以降、3万人に上る人々が「風の電話」を訪れている。

 今回公開された場面写真は、旅に出たハルが夜のホームで電車を待つカットと、旅の途中で出会い、行動を共にする森尾と大槌町に着いて話をするカットの2点。

 映画『風の電話』は2020年初春全国公開。

クランクイン!

「西島秀俊」をもっと詳しく

「西島秀俊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ