『イソップの思うツボ』着ぐるみの正体は3監督! ポスター撮影に臨むメイキング公開

8月16日(金)12時0分 クランクイン!

映画『イソップの思うツボ』ポスタービジュアル(C)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

写真を拡大

 2018年最大の話題作『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督らクリエイターが再集結し、トリプル監督を務める映画『イソップの思うツボ』より、ポスター撮影のメイキング写真が解禁された。先に公開されたポスターは、ウサギ、カメ、イヌの着ぐるみがロープで縛られている謎めいた構図だったが、着ぐるみの中の人は3人の監督たちだった。 本作は、動員数220万人以上、興行収入31億円を突破した『カメ止め』の上田監督によるオリジナル脚本作品。同監督と、『カメ止め』で助監督を担当し、スピンオフ版の監督も務めた中泉裕矢、スチールを担当した浅沼直也の3人が共同でメガホンを取っている。

 舞台やテレビなどで活躍する女優の石川瑠華が、カメだけが友達の内気な女子大生・亀田美羽役を担当。ゼクシィ11代目CMガールを務め、映画『クロノス・ジョウンターの伝説』などに出演する井桁弘恵が、“タレント家族”の娘で美羽と同じ大学に通う兎草早織役。漫画家・内田春菊の娘としても知られる紅甘が、父と二人で“復讐代行屋”を営む戌井小柚役を演じる。

 ポスターの撮影は、カメの着ぐるみに亀田家の演出をメインで担当した中泉監督、ウサギの着ぐるみに兎草家を担当した上田監督、そしてイヌの着ぐるみに戌井家を担当した浅沼監督がそれぞれ入って行われた。

 過去にバイトで何回か着ぐるみを着たことがあると言う上田監督は「記憶に残っているのはレモンマンなる着ぐるみを着て、スーパーのレモン売り場前で子供たちとジャンケンをするバイトをしたことです。パーしか出せない設定でした」とコメント。

 着ぐるみに入ってポスターを撮るという案を聞いて初めは戸惑ったという浅沼監督は「新しい宣伝にチャレンジするという心意気に惚れて半信半疑で着ぐるみに入りました。ポスターは凄く気に入っています!」と明かした。

 中泉監督は「結構動きづらいのでふなっしーやくまモンは凄いと思いました」と先人たちへの尊敬を表した。

 映画『イソップの思うツボ』は8月16日より全国公開。

クランクイン!

「着ぐるみ」をもっと詳しく

「着ぐるみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ