三谷幸喜脚本!愛之助良沢!草刈田沼! 「風雲児たち」ドラマ化に真田丸クラスタ歓喜

8月16日(水)19時18分 J-CASTニュース

NHK公式サイトより

写真を拡大

あの「風雲児たち」を、三谷幸喜の脚本でドラマ化、しかも「真田丸」のキャストが勢ぞろい——そんな大型タイトルの話題が飛び込んできた。


2017年8月16日、NHKは2018年1月放映の「正月時代劇」企画として、みなもと太郎さんの漫画『風雲児たち』を原作とする「風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜」を放送すると発表した。



スタッフにも三谷作品の常連が



『風雲児たち』は1979年に「月刊少年ワールド」でスタート、以来連載誌を代えながら現在まで続く歴史長編だ。関ヶ原の合戦から始まり、幕末にいたる日本史を、先進的な解釈と、ギャグとで描いた大作で、みなもとさんは2004年、本作をはじめとする歴史漫画で、手塚治虫文化賞特別賞を受けている。


ドラマ版では江戸時代中期、『ターヘル・アナトミア(解体新書)』翻訳に取り組んだ蘭学者・前野良沢、杉田玄白らを中心とした物語を映像化する。


キャストには昨年の「真田丸」出演陣が勢ぞろいし、良沢を演じるのは「真田丸」で大谷吉継を演じた片岡愛之助さん、玄白は豊臣秀次の新納慎也さん。石田三成の山本耕史さんは平賀源内に、そして真田昌幸役で人気を呼んだ草刈正雄さんは、権力者・田沼意次を演じる。演出を手掛ける吉川邦夫さん(NHKエンタープライズ)も「真田丸」のプロデューサーだ。このほか、「清州会議」など三谷映画の常連・荻野清子さんが音楽を担当する。


三谷さんは小学生時代からのみなもとファンで、過去作『冗談新選組』の復刊時には2人の対談も収録されている。今回のドラマ化にあたって発表したコメントでは、「歴史ファン、みなもとファンとしてこれ以上の喜びはありません」と興奮を隠していない。



新納慎也さん「ご存知『真田丸』のメンバーです」



三谷さんの前作「真田丸」は、ツイッターなどSNSでも大きな人気を集めた。そのキャストが多く登板する「風雲児たち」に対しても、「真田丸クラスタ」からは早くも大きな期待が集まっている。ツイッターの「トレンド」欄には関連キーワードが発表直後から複数ランクインし、


「三谷幸喜で風雲児たちとか最高!! 真田丸組また集結やん 刑部殿嬉しい」

「みなもと太郞先生の風雲児たちの、実写化だけでも『エラい事』なのに、三谷幸喜に、らぶ様と、秀次様、治部殿に父上、とな????」

「このメインキャストの顔ぶれよ。 真田丸クラスタにとっては悲鳴ものじゃないか」

などなど、まさに歓喜の「鬨(とき)の声」が各所から上がっている状況だ。


玄白役の新納慎也さんも16日に更新したブログで、こう意気込んだ。


「現段階で発表されているキャストも愛之助さんをはじめ、草刈正雄さんと山本耕史さん! ご存知『真田丸』のメンバーです。大好きで、尊敬するこのメンバーにお力をお借りして、素敵な作品になるように頑張りたいと思います!!!!!!」

J-CASTニュース

「三谷幸喜」をもっと詳しく

「三谷幸喜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ