BTS、次回アルバムのタイトル曲はまさか「○○」…? ファンが立てた仮説が完璧すぎると唖然! BTSがちりばめたヒントの数々に驚愕

8月16日(金)13時49分 KPOP monster

BTSBTS

BTS(防弾少年団)の次回アルバムのタイトル曲をファンが推測。その仮説が完璧すぎると話題になっている。

BTSといえば現在、なんとデビュー後初となる公式長期休暇の真っ最中。デビューから6年、当時は予想もしなかったほどの世界的な人気を手にし、毎日休みなく走り続けてきた彼らが、つかの間ではあるが1人の20代の青年として日々を過ごす穏やかな時間となるよう、所属事務所はファンに向けて公式に声明を発表。事務所が下したこの決断には、世界各国から称賛の声が集まり、あらゆる国のニュース番組で報道された。

しかし驚くことに、当のメンバーたちは休暇中とは思えないほど、SNSで頻繁にファンと交流。公式Twitterはもちろんのこと、ファンとのコミュニティサイトやVLIVEにも積極的に訪れ、ファンたちが自分へ向けて紡ぐ言葉を決して見落とすまいとコミュニケーションをとっている。初の長期休暇中でも、BTSはファンが寂しい思いをしないよう、まるで彼らの日常に組み込まれているかのように、ファンへメッセージを発信し続けているのだ。

ファンをなにより大切にするワールドスター・BTSだが、今、彼らに寄せられる大きな期待の1つといえば、やはり次回のカムバックだ。4月に「MAP OF THE SOUL : PERSONA」にてカムバックした彼らは、タイトル曲「Boy With Luv」でアメリカの人気歌手・ホールジーとの衝撃的なコラボを発表。5月に出席した「ビルボード・ミュージック・アワード」では、世界初披露となるホールジーとのコラボステージが大きな話題を呼び、アメリカのレコード協会からプラチナ認定をされるなど、異例の大ヒットとなった。

そんな中、ファンの間で、BTSの次回アルバムのタイトル曲について、ある推測がされている。BTSの次回アルバムのタイトルは「Shadow」ではないかと噂されているのはすでに有名な話だが、ファンたちはそのタイトル曲までも、BTSがちりばめたヒントと思われるメッセージから、完璧な仮説を立てたのだ。

なんと、ファンが推測する次回アルバムのタイトル曲は「Umbrella」。「なぜ急に傘?」と思ってしまうが、ここにはだれもが納得してしまうヒントがある。

コンサートでの演出とオマージュ

まず、先日おこなわれた「ロッテファミリーコンサート」で、BTSが「Boy With Luv」を披露した際、後ろのバックスクリーンにはなぜか傘の絵が。「Boy With Luv」のMVでも、映画「雨に唄えば」のオマージュが数多く隠されており、メンバーが後ろからソファに座る様子J-HOPEが街灯につかまって踊る姿RMが傘を持って立っているステージでの構図MVのクライマックスでメンバー全員が踊るステージなど、その演出はだれが見ても「雨に唄えば」だとわかるほどだ。

MVに隠されたポスター

また、MVの冒頭の映画館、そしてメンバーが踊る後ろの壁には、なんと「雨に唄えば」と思われるポスターが。メンバーたちが見る予定の映画は「雨に唄えば」だったのではないかと言われている。

BTS

映画館の左側に飾られたポスター

BTS

「雨に唄えば」のポスター

BTS

左側に飾られたポスター

BTS

シュガの後ろにもポスターが

BTS

「雨に唄えば」のポスター

「Umbrella」の語源

さらに驚きのヒントがある。「Umbrella」の語源は「Umbra」であり、なんと「Umbra」とは英語で「Shadow」、「影」という意味なのだ。これは次回のアルバムのタイトルとして噂されている「Shadow」と同じであり、タイトル曲としてぴったりすぎるワードだ。

メンバーのTwitter

また、メンバーのJ-HOPEは、5月13日に公式Twitterに投稿したツイートで「ARMYは僕の傘です」とコメント。

さらにVも、釜山でのファンミーティングの日、傘をさして歩く写真を投稿し、つい先日にも雨が降る様子をおさめたビデオを投稿している。

「MAP OF THE SOUL : PERSONA」でカムバックをして以来、BTSがちりばめてきたと思われる数々のヒントと、そのヒントたちを決して見逃さなかったファンの推測に思わず唖然。その仮説は、つい拍手をしてしまうほど完璧で、本当に「Umbrella」というタイトル曲が発表されるのではと期待してしまうほど筋が通っている。

この推測に世界中のファンは大興奮。思い返してみれば、コンサートで流れる映像やメンバーのコメント、MVなどで傘が使われることが多かったことにあらためて気づき、ファンはその信ぴょう性の高さに驚いている。

KPOP monster

「BTS」をもっと詳しく

「BTS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ