古崎瞳、ラストグラビアであまりの過激さに「ファンからクレームが」

8月16日(金)22時0分 マイナビニュース

女優としても活躍しているグラビアアイドルの古崎瞳がこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『瞳の中へ』(発売中 4,104円税込 発売元:竹書房)の発売記念イベントを行った。

2006年にグラビアアイドルとしてデビューを果たし、以降はグラビア以外にもレースクイーンやK-1のラウンドガール、女優業にとマルチに活躍している古崎瞳。上からB82・W58・H86というスレンダーボディーでグラドルファンのハートを射止めてきたが、4年ぶりにリリースした今作がラストDVDとなる。通算10枚目にして初めての海外ロケとなるバリ島で撮影。バリ島で開放的になった古崎が、過去最大のエロスを披露している。

最新作について古崎は「一番過激なのは赤のギュインと食い込まれている変形水着。衣装合わせの時にヌルい水着が多かったので、自ら着たいとリクエストした水着です。それと白のレオタードのお尻の透け感も好きで、我ながらエロくできました」と自信。通算10枚目にして初めてのことも多かったそうで、「手ブラもしたことがなかったですし、ブラ紐を取ることもありませんでした。マッサージも今回のようにガッツリされたことが初めてで、私生活も含めて初めての経験でした。ラストで出し惜しみするより出しちゃえと思いました」と振り返り、「ファンの方からクレームが来ました。こんなの見たくなかったと。喜んでくれると思ってやったんですけどね(笑)」とあまりの過激さに拒否反応を示したファンもいたという。

グラビアの仕事はこの日のイベントでラストとなる古崎。「新しい夢が見つかったので、そちらで頑張りたいと思います」という彼女に具体的な仕事の内容については、「言えないんですよね。9月には発表できると思います」と明言を避ける場面も。結婚でグラビアをやめるのかというとそうではないらしく「絶賛婚活中です。本当にいないんですよ!実際にマッチングアプリも登録していて、有名どころにはたいがいいます」と告白。実際に会ったこともあるそうで「マッチングアプリ内で『古崎さんですよね?』と言う人とは会っていません。私に会うためには知らない振りをしした方がいいですよ」とアドバイスを送り、「心が広くて掃除をしてくれる方が良いです。何だかんだ部屋を片付けられないので」と相手に対する条件をあげていた。

マイナビニュース

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ