人気バンド『ONE OK ROCK』ライブ会場で“痴漢被害”続出のウワサ...

8月16日(金)17時31分 まいじつ


(C)TeodorLazarev / Shutterstock



人気ロックバンド『ONE OK ROCK』(ワンオク)が8月15日、約9時間にわたりNHK FMで『今日は一日“ONE OK ROCK”三昧』を放送した。ファンからは歓喜の声が上がった一方で、同バンドにはライブ絡みの〝よからぬウワサ〟が広がっており、アンチの格好のターゲットになってしまったようだ。


【関連】見れば納得!? ボーカルより楽器担当が『イケメン』のバンドたちほか


「今やワンオクのライブチケットは争奪戦となっており、なかなか入手することができません。しかし、一方で、一部の女性ファンからは『ライブには絶対行きたくない』という声が上がっています。その理由が〝痴漢〟なんです」(音楽ライター)


穏やかではない話だが、一体、ワンオクのライブで何が起こっているのか。


「ワンオクのライブに訪れるファンの約6割が女性なのですが、彼女たちが痴漢たちの格好のターゲットになっているのです。ライブが盛り上がるとボーカルのTakaが歌いながら〝あおり〟を入れてくるのですが、それが合図となって、会場では激しいモッシュ(身体のぶつけ合い)やダイブが始まります。その際、女性が揉みくちゃにされ、ヒドいときには下着を奪われたり、体中をまさぐられる被害が出ているというのです。運営もそのような状況を把握しているのですが、一向に改善されないため問題になっています」(同・ライター)


 


Taka「いつものことだからあんまりびっくりはしてない」


ライブに参加したことがあるという女性ファンは、ネット上に、



《ライブには行きたいけど怖くていけない。本当に何とかしてほしい》

《本当はスタンディングエリアで見たいけど、女性は無理だよね》

《以前、胸を揉まれたことがある。本当にムカつく》

《自らダイブする女性は仕方ないけど、見ていてマジ不快》



など、さまざまな不満の声を寄せている。


2017年にはライブ中に体調不良を訴えてファン21人が病院に搬送される事故が起きたが、ライブ後にTakaが「いつものことだからあんまりびっくりはしてない」とインスタグラムに投稿したことで、「病人やけが人を出さないことが重要だろ!」と非難の声が上がったこともある。


ボーカルのTakaは歌手の森進一森昌子の息子であることは有名だが、そんな彼の〝掛け声〟で痴漢が行われているとしたら大問題だ。古くからの音楽ファンからは「ロックバンドのライブでは多かれ少なかれ痴漢はつきもの」という声も聞こえてくるが、今のご時世、女性や子どもも楽しくライブを楽しめる環境作りが求められるのは当然だろう。


果たしてバンドメンバーは今の状況をどう考えているのだろうか…。


 


【画像】


TeodorLazarev / Shutterstock


まいじつ

「ONE OK ROCK」をもっと詳しく

「ONE OK ROCK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ