三浦大知が家入レオらと共演「もらうものばかり」

8月16日(金)19時8分 日刊スポーツ

「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート~ひかりを聴け~初日公演を前に写真に納まる三浦大知(前列左から2人目)ら(撮影・大友陽平)

写真を拡大


歌手三浦大知(31)が16日、東京・Bunkamuraオーチャードホールでリーディング・オーケストラコンサート「ひかりを聴け」(18日まで同所)初日公演を前に取材に応じた。
恩田陸氏の小説「蜜蜂と遠雷」をモチーフにし、千住明氏(58)が音楽監督を務める公演の第3弾で、家入レオ(24)らと共演した。
三浦は「大勢のオーケストラをバックにすると心強い。後ろからくる音の波が背中を押してくれる感じがします」と笑顔を見せた。
さらにさまざまなアーティストとのコラボに「いつも1人なので、自分の曲も新しい色をつけてくれて、それが刺激的でもらうものばかりです。いろいろな気持ちを教えてもらっています」と話した。
ほか松下優也(29)中村中(34)木村優一(36)湖月わたる、黒田こらん(44)が出席。

日刊スポーツ

「三浦大知」をもっと詳しく

「三浦大知」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ