今泉佑唯は追い込まれたい?欅坂OGの誓い明かす

8月16日(金)4時0分 日刊スポーツ

ドラマ「ミリオンジョー」に出演する今泉佑唯

写真を拡大


欅坂46今泉佑唯(20)が、10月9日スタートのテレビ東京系ドラマ「ミリオンジョー」(水曜深夜1時35分)に出演し、クセの強い新人女性漫画家役に挑戦する。このほど日刊スポーツのインタビューに応じ、欅坂OGとしての誓いや、“追い込まれたい願望”を明かした。
   ◇   ◇   ◇
現在、ドラマの撮影のまっただ中だ。「穏やかな雰囲気の現場です。私も今はまだ静かにしています」と笑う。大ヒット漫画家と結婚するために漫画家になったという、一風変わったオタク女性を演じる。「ブリッコな感じなのに、急に笑いだしたり、泣いたり、サイコパス的。ずっとやってみたいと思っていた役どころです」と話す。
泣くシーンの撮影には苦戦したが、土壇場で無事に涙を流して成功したという。「追い込まれてからできることが多くて、追い込まれるのが好きなんです。監督とか、現場の皆さんには常に『私を追い込んでください!』ってお願いしています」。欅坂46在籍時も、ダンスの振り付けが覚えられないこともあったが、カメラの前で追い込まれると成功したという。「追い込まれて乗り越えた時の、あの達成感がすごく好きなんです」と振り返る。
昨年11月に欅坂46を卒業し、9カ月が過ぎた。「毎日充実しています。人生で一番自分と向き合えていて、かなえたい夢とか、目標とか、どんどん出てきました」。ソロの女優、タレントとしてのビジョンも明確になってきた。「来年以降に写真集とか本を出すことができたらいいと思うし、2〜3年後には朝ドラで、端っこのほうで引き立て役ができれば…。まずはもっとお芝居を勉強して自信をつけて、現場でも自分を出せるようになりたいです」。
同時に、元欅坂46としての自覚も強い。「私が最初に卒業したからこそ、ここで私がつまずいたら、今後卒業してこの世界で活動するメンバーが不安になっちゃうと思う。絶対にちゃんと結果を残して、道筋を作りたいです」。人気アイドルグループ出身者らしく、「今でも言動とか、行動とか、気をつけている部分はあります。まだまだソロとしての実力も全然なので、プライベートも抑えるところは抑えて、まずはお仕事に集中していきたいです!」と力を込めた。【横山慧】
◆今泉佑唯(いまいずみ・ゆい)1998年(平10)9月30日、神奈川県生まれ。15年8月、欅坂46の1期生オーディション合格。昨年11月に卒業。今年3月の舞台「熱海殺人事件」に出演。本年度中には映画初出演となる「酔うと化け物になる父がつらい」「転がるビー玉」の公開も控える。愛称「ずーみん」「ずみこ」。ファッション誌「ar」レギュラーモデル。153センチ。血液型O。

日刊スポーツ

「今泉佑唯」をもっと詳しく

「今泉佑唯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ