高畑裕太の出演舞台が初日 ブランク感じない熱演

8月16日(金)17時44分 日刊スポーツ

高畑裕太(2016年9月9日)

写真を拡大


芸能活動を休止していた俳優高畑裕太(25)が出演する舞台「さよなら西湖クン」(25日まで)が16日、東京・下北沢の小劇場B1で初日を迎え、母親の女優高畑淳子(64)も客席から見守った。
16年8月に強姦致傷容疑で逮捕され、後に示談が成立し不起訴も、以降は芸能活動を休止し、この舞台が3年ぶりの俳優としての活動。「さよなら−」は高校の野球部の仲間たちのその後を描く青春劇で、高畑が演じるのは現在はヒモ暮らしの青年役。長い稽古を積み、3年のブランクを感じさせない熱演をみせた。終演後、2人は待ち構えた取材陣に対応することなく、それぞれ劇場を後にした。

日刊スポーツ

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ