HGら謹慎芸人6人、処分解除前に関係者へ謝罪行脚

8月16日(金)19時32分 日刊スポーツ

レイザーラモンHG(2005年7月7日撮影)

写真を拡大


闇営業問題で謹慎処分を受け、19日から謹慎が解ける吉本興業所属芸人11人のうち、レイザーラモンHG(43)くまだまさし(46)ガリットチュウ福島善成(41)天津木村卓寛(43)、スリムクラブ真栄田賢(43)内間政成(43)の6人が16日、大阪でボランティア活動を行い、同社が運営する劇場を訪問。師匠にあいさつをしたという。
関係者によると、大阪・なんばグランド花月や、よしもと西梅田劇場、京都・よしもと祗園花月を訪問。迷惑をかけた関係者に直接謝罪したという。この日は、なんばグランド花月には西川きよし(73)、西梅田劇場には桂文枝(76)、祗園花月にはオール阪神(62)巨人(67)らが出演していた。
また、謹慎中の11人のうち、最も早く復帰するのがくまだ、スリムクラブ、2700で、19日に東京・新宿のルミネtheよしもとの舞台に立つ予定。

日刊スポーツ

「謹慎」をもっと詳しく

「謹慎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ