『ミス東スポ2020』候補生が水着で揃い踏み! 元グランプリのアドバイスは「人の悪口は言わない」

8月16日(金)19時27分 RBB TODAY

フォトセッション【撮影:浜瀬将樹】

写真を拡大

16日、都内にて東京スポーツ新聞社のイメージガールを決める『ミス東スポ2020選考オーディション 候補者発表会見』が開催された。

 決勝ステージに進出し、グランプリに輝くと『ミス東スポ2020』として1年間活動できる権利が与えられるサバイバルオーディション。予選は2ブロックに分かれており、今回は、MCに2018グランプリに輝いた嶋村瞳とAブロックの予選参加者11名のうち6名(武田美香、緑川ちひろ、腐海ねむり、キユナマイカ、空条のん、長谷川沙耶)がお披露目された。イベントでは、セクシーポーズ、開脚はもちろん、剣道や歌などの得意なものから一発ギャグやモノマネなど、ユニークなアピール合戦が繰り広げられた。

 グランプリを受賞した経験を持つ嶋村にアドバイスを求められると「悩んだり、ストレスが溜まったりすることが多いと思いますが、土俵に立ったからには最後まで頑張って乗り気ってほしいです」とエール。『ミス東スポ』という肩書きを貰えたことで、エントリー当時では考えられなかった仕事も舞い込むようになり、仕事も充実するようになったと回顧した。

 また、サバイバル形式のため、エントリー者とも「ギクシャクすることもあるかもしれない」と前置きしつつ「絶対に私が徹底していたことは、人の悪口を言わないこと」とコメント。相手を見るのではなく、自分の目標を見つめることが重要だと6人に説いた。

 候補生には『ミス東スポ』になれたらどんな仕事をしてみたいのか、目標を訪ねられる質問が。緑川は「橋本マナミさんのように、セクシーさがありながら、マルチに活躍できる芸能人になりたいと思っております」と力強く語る。ほか、関係者から「バラエティーに向いている」とよく言われるというキユナは、競馬好きのため競馬関係の仕事がしたいとしつつ「武豊さんに似てるって言われるんで、機会があればインタビューしたい」と言い、記者らを笑わせていた。

 オーディションは配信、撮影会、イベントなどの実績を考慮して選考。グランプリは12月25日に都内にて発表される。

RBB TODAY

「ミス」をもっと詳しく

「ミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ