女性天皇を容認するかしないか、議論の火ぶたは間もなく

8月16日(金)7時0分 NEWSポストセブン

天皇ご一家への期待は高まるが…(撮影/JMPA)

写真を拡大

 この夏が終われば、新天皇の即位行事が厳かに執り行われる。これからも連綿と続く「皇統の未来」へと思いを致す、絶好の機会になるだろう。「男系男子」維持か、「女性天皇」容認か、愛子さま悠仁さまか——そうした議論がされることについて、実際のところ、皇族方はどうお考えなのだろうか。ある政治ジャーナリストは、次のような見解を示す。


「読売新聞の《皇位継承順位 維持へ》(7月27日一面)という記事は、誰が見ても、安倍官邸中枢の意向を受けて書かれたものです。ということは、安倍官邸は、ある程度は天皇皇后両陛下のご意向も感じ取った上で、それと齟齬しないと判断したので、“女性天皇は認めない方針”を表明できたと考えるべきでしょう」


 安倍首相は、即位直前から陛下と面会する機会を何度か持ってきた。そこでどのような会話がなされたのかは明らかではないが、「女性天皇容認」についてのお考えを陛下に伺ったのではないかという推測も根強い。


 また、安倍官邸の中枢スタッフの1人は、上皇陛下の生前退位に道筋をつけたとされるほど、宮内庁とのパイプが太いことで知られる。そのスタッフから、天皇皇后両陛下のお考えが伝わっていてもおかしくない。ある官邸関係者が明かす。


「官邸周辺としては、上皇陛下や美智子さまの中には、『愛子天皇』というお気持ちもおありだったと認識しています。美智子さまはもともと皇族の減少を憂いておられ、女性宮家創設にも意欲的だと報じられてきましたので、女性天皇容認にも異を唱えられはしないと、官邸サイドは捉えてきました。だから、男系男子に固執する安倍総理とはお考えに距離があったのではないかとされています。


 その一方で、新天皇が即位されてから、安倍総理は皇室との関係に自信をのぞかせるようになりました。つまり、天皇陛下のお考えが、総理の考え方から遠くないと感じ取ったのだと思います。


 両陛下にとってみれば、女性天皇の実現とはつまり、自分の娘である愛子さまを天皇にすることに直結します。特に母親である雅子さまは、ご自身も皇室に入られて大変なご苦労をされたこともあり、それだけの重責を急に娘に背負わせることには積極的ではないだろうと、安倍総理周辺は理解しています」


 女性天皇を容認するか、しないのか。議論の火ぶたは、間もなく切られる。いずれにせよ、国民の気持ちから離れず、愛される皇室が次代へも続いていくことが望まれる。


※女性セブン2019年8月22・29日号

NEWSポストセブン

「女性天皇」をもっと詳しく

「女性天皇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ