闇営業を暴いた『FRIDAY』に報復措置! 吉本興業vs講談社、全面戦争のゆくえ

8月16日(金)18時0分 週刊女性PRIME

会見を開いた吉本の岡本社長

写真を拡大



 あらぬ方向へと進んでしまった吉本芸人による“闇営業問題”だが、謹慎処分が下されていた吉本興業の芸人たちもようやく処分解除のメドが立ち、吉本も所属タレントと『共同確認書』を交わすことや『専属エージェント契約』を導入するなど契約形態の見直しを図ると発表。

 成り行きが注目されていた加藤浩次による“反乱”もどうやら落ち着きそうで、表面上、“お家騒動”は落ち着いてきたようだ。

 だが、そのウラでは、収束する見込みのない“紛争”が続いているという──。

 それは、闇営業問題を報じた『FRIDAY』と吉本興業の対決だ。ひいては『FRIDAY』を発行する講談社と吉本の対決となっている。

 そもそも講談社と吉本興業には浅からぬ因縁がある。

■吉本の取材には“力を入れる”



 '11年に島田紳助が暴力団との交際を認めて引退した後、紳助と吉本興業が『FRIDAY』や『週刊現代』による記事で名誉を傷つけられたとして、両誌とその発行元の講談社を相手に損害賠償請求の訴訟を起こした。

 また『中田カウス・ボタン』の中田カウスも同じく『週刊現代』の記事に名誉を傷つけられたとして、同社と当時の編集長に損害賠償を求めて提訴するなど、争いを繰り返してきた歴史があった。

 今回『FRIDAY』は宮迫らの“闇営業問題”を皮切りに、追及記事を何週にもわたって掲載している。最新号(8月23・30合併号)では闇営業問題について、《元エリートマネージャーが決意の告白》という内容の特集を組んでいるが、表紙には《連続追及第10弾!》とある。つまり10週にもわたって吉本を追及する記事を書いているということだ。

「過去に裁判で大きく争った相手だけに、『FRIDAY』も吉本まわりのスキャンダルは積極的に狙いにいっているようにみえますね。

 '11年に暴力団排除条例が施行されましたが、『FRIDAY』の最終目的はそれ以降に吉本がまだ反社との関係を持っていないかを暴くことです。ここ数年、政府の事業にも大きくかかわっている吉本ですから、そのあたりの取材は特に力を入れていますよ。今回、所属芸人の闇営業を報じましたが、芸人がクビや謹慎になっただけではトカゲのシッポ切りで終わってしまいますから」(スポーツ紙記者)

 反社会勢力と芸人の間の闇営業が明るみになってから、『FRIDAY』だけでなくテレビや各メディアに多数の情報が寄せられているというが、そのなかに芸人ではなく吉本興業そのものと反社の関係を示す情報はまだ集まっていないという。

 一方、吉本も黙ってやられているだけではない。講談社サイドにある“報復措置”を取り出したという。

「社内には“『FRIDAY』、発行元の講談社を絶対許さない”という空気が充満しているそうです。確かに宮迫らの件は問題ではありますが、5年前の話ですからね。

 しかもそこから、表に出てもらいたくなかった社内事情がいろいろ明らかになって、お家騒動にまで発展してしまいましたから。

 実際に吉本は、岡本昭彦社長の会見に講談社の全雑誌を“出禁”にし、取材拒否をしたんです。この措置は今後も続くでしょう。お互いに相手がつぶれるまで戦うつもりなのでは?」(元吉本興業関係者)

 両社ともそう簡単に倒れることはなさそうだ。戦いはいつまで続くことになるのか、誰も予測できない。

週刊女性PRIME

「闇営業」をもっと詳しく

「闇営業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ