深キョンが体を張るミュージカルパート 終了フラグに落胆「なぜ…」

8月16日(金)15時1分 しらべぇ

深田恭子

女優・深田恭子が昼は図書館の秘書、夜はスゴ腕の女泥棒というふたつの顔を持つ女性を演じるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)。俳優・大貫勇輔と深田が歌うミュージカルパートが来週からなくなるかもしれないフラグに、戸惑いの声が相次いでいる。


■世界を股にかける大泥棒

ドラマ1話目から登場している、華の幼馴染で世界を股にかける大泥棒の円城寺(大貫)。華のことを密かに思っており、思い悩んでいるときに現れ相談に乗ってくれるものの、なぜかいつも登場は歌いながら。

2話目からは男女別で歌詞の字幕がつくなど、まるでカラオケのようで、視聴者にも歌ってほしいという意図が伝わってきていた。


関連記事:『ルパンの娘』深キョンが胸元のチャックを…大胆なアクションに釘付け

■海外へ行ってしまう?

大貫のダイナミックなダンスと、深キョンの優しい歌声が響くミュージカルパート。これを楽しみに「ドラマを観ている」と公言する人もいるほど、今では見所の1つになっている。

しかし、今回、円城寺が海外でしばらく仕事をすることが判明。今まで頻繁に華の前に現れ、歌いながら相談に乗っていたが、海外に行ってしまうとそれができない…。

■来週からないの!?

ふたりのミュージカルシーンが減る、あるいはもう観られなくなるかもしれない……そんな悲しいフラグに、視聴者たちからは落胆の声が相次いでいる。

最初は字幕付きのパートに驚きを隠せなかった視聴者たちだが、次第にその強烈な演出がクセになっていった様子だ。


■次回は結納!

今回の放送でついに和馬からプロポーズされた華。来週の予告映像ではふたりが着物に身を包み、結納を行っている場面が見られた。和馬と華が結婚してしまうと、円城寺もなかなか近づけなくなる。その姿に視聴者もメロメロ。

和馬のプロポーズに裏はないのか。二人は幸せになれるのか。目玉のミュージカルパートは来週も顕在するのか!?

笑って泣ける演出に期待が高まる1週間になりそうだ。

《これまでに配信した『ルパンの娘』記事一覧はこちら》


・合わせて読みたい→深田恭子、白羽ゆりとミュージカル観劇 「意外と背が高い」と話題に


(文/しらべぇ編集部・卯月



しらべぇ

「ミュージカル」をもっと詳しく

「ミュージカル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ