Mrs. GREEN APPLE ロッキンは「特別な1日に」

8月16日(金)17時0分 TOKYO FM+

Mrs. GREEN APPLEがTOKYO FMのレギュラー番組に登場。8月11日に出演したロック・イン・ジャパン・フェスティバル2019の会場から、ライブの感想を伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」8月14日(水)放送分)



大森元貴(Vo.Gt.):今はお昼の14時48分! もう15時前ですね。僕たちMrs. GREEN APPLEは、お昼1時からGRASS STAGEというロッキンの中で一番大きいメインステージでライブをして来ました。どうでした?

全員:いや〜すごかった。楽しかった!

若井滉斗(Gt.):気持ち良かった!

藤澤涼架(Kb.):こんなにたくさんの人が来てくれるとは! と思いながら、めちゃくちゃ走り回ったよねー。

若井:涼ちゃんすごかったね。ずっとダッシュ(笑)。

山中綾華(Dr.):ずっと弾いてないみたいな(笑)。

藤澤:スッゲー気持ち良かったし、いろんなことに「なんかよかったー!」って思った。GRASS STAGEに立てて良かったです!

大森:そして「インフェルノ」が初披露でしたね。あと、さらっと台湾での単独公演の情報解禁をしましたけど(笑)。「11月にしますよ〜」って(笑)。ロッキンには何度も出させてもらっていますけど、去年は2番目に大きいLAKE STAGEのトリだったのかな? それについてどうですか?

藤澤:去年のLAKE(STAGE)のトリも、すごい満パンのお客さんが来てくれてありがたいなと思ったけど、(今年の)GRASSね、本当にギリギリまで僕は不安でした。

若井:本当にねー。楽しみももちろんあったけど、不安もあったよね。WING TENTから出させてもらっているけど、そこから1個1個ステップアップして。LAKE STAGEに2回出て、やっと今回GRASS STAGEっていう。1曲1曲を噛み締めたね。

藤澤:前日までプレッシャーじゃないけど、GRASS STAGEに立つということですごいドキドキしていたんです。当日いざリハでステージに上がると、本当に気分が高まって、高揚して、素敵な時間が過ごせました。ありがとうございます!

大森:今回は、全部で何曲でした?

全員:10……?

藤澤:やっていて、ものすごくなかった? アッツアツの中で、この曲数やるんだ!っていう(笑)。

若井:そうね。野外フェスでこんなにやるって、なかなかなかったからね。

大森:景色もすごかったよね。

若井:後ろのほうまで、見えないぐらい人が来てくれて。

藤澤:終わりが見えない!

若井:そうそう。終わりが見えない!

大森:それすごい分かる。手を挙げてもらうんだけど、あれだけデカいと時差が起こって……! フェスだからかな? ジャンプも波みたいだったし。

若井:合唱のパワーもすごかったよね。

大森:「WanteD! WanteD!」のときすごかったよ! みんなに任せたかったよ。

若井:本当にそれぐらいね。

大森:綾華どうだった?

山中:最初、ステージ袖で緊張してたの。大丈夫かな、っていうのもあったし、楽しみたい、って気持ちもあったから。でもステージに立った瞬間に、お客さんがウワーって反応してくれたんですよ。それを見たら、もう大丈夫だ、って思って、あとはライブ中ずっと楽しい!って思っていました。楽しいまま完走した!

藤澤:お客さんの笑顔が半端ないの! はち切れるんじゃないかっていうくらいで。もう心からのスマイルで、「あ、あの人めちゃくちゃ楽しんでるじゃん!」っていうのが一人ひとりから伝わって来て、それで自分も気持ち上げられたなっていうか。ロッキンだなってすごく思った!

若井:いろんな層のお客さんも来てくれていたしね。お父さんみたいな方が最初腕組んで見てたんだけど、後半自分も楽しんじゃうみたいな感じが個人的にすごい嬉しかったですね。素敵でした。

髙野清宗(Ba.):俺はお客さんの笑顔もそうだけど、なんかメンバーの……特に涼ちゃんがすごくいい顔してた。今までにないぐらい笑顔がはち切れてたよ!

若井:髙野さんも今日はすごかったですよ。謎のステップ踏んだりとか。

髙野:毎回違うことしなきゃみたいな……(笑)。

若井:素敵でしたよ。

髙野:ありがとうございます。

大森:1曲1曲やるたびにミセスを知ってるお客さんの、「はいはいそれね〜」みたいなちょっとマウント取ってくる感じというか(笑)、「それやんのね、フェスで!」っていうバイブスが新鮮でしたね。

藤澤:あと、フェスだから盛り上がる曲もすごい“バコーーン!”ってなるんだけど、「僕のこと」をやったときにすごくいい空気感だったなって思った。

若井:俺、泣きそうになっちゃったよ。みんな手振ってくれてさ。

藤澤:普段のライブとはまた違う空気感というか、特別な1日になったなって。

若井:無限でしたね、あの瞬間。

藤澤:うん、思いました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年8月22日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

TOKYO FM+

「TOKYO FM」をもっと詳しく

「TOKYO FM」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ