ジョニー・デップ、俳優になれたのはニコラス・ケイジのアドバイスのおかげだった! ニコラス本人が当時のエピソードを語る

8月16日(金)14時18分 tvgroove

ニコラス・ケイジと、ジョニー・デップ

俳優のニコラス・ケイジ(55)が、過去にジョニー・デップ(56)に俳優になるようアドバイスしたというエピソードを語った。「The New York Times Magazine」が伝えている。

共に長年俳優としてハリウッドとして活躍しているニコラス・ケイジとジョニー・デップ、彼らはなんと1980年代の頃から友人で、当時はジョニーがニコラスのアパートを借りていたのだという。

「The New York Times Magazine」のインタビューでニコラスは、「ぼくとジョニーはいい友人同士だったよ。モノポリー(ボードゲーム)をやって、彼は勝っていたんだ。ぼくは彼のことを見て『なんで俳優の仕事をしないの?』と問いかけたんだ。その時彼はミュージシャンになりたがっていたからね。そしてジョニーは『いいや、ぼくには演技はできないよ』と言ったから、ぼくは『ぼくはきみは演技できると思う』って返したんだよ」

「だからぼくは自分のエージェントにジョニーを会わせたんだ。そして彼女はジョニーを最初のオーディションに送ったんだ。それが映画『エルム街の悪夢』(1984)だったよ。そして彼はその映画で役を得たんだ。一夜にして何かを成し遂げることはできないけど、でもジョニーは一夜にしてスターになったのさ」と、当時のエピソードを明かした。

確かにジョニーのデビュー作が「エルム街の悪夢」であることは有名だが、そのキッカケを作ったのは実はニコラス・ケイジであったのだ。

その3年後には、ジョニーはTVシリーズ「21ジャンプストリート」で主役に抜擢され、さらに映画界でも次々主役を獲得し、瞬く間にハリウッドを代表するスターとなった。ニコラスはかなり見る目があったようだ。

tvgroove

「ジョニー・デップ」をもっと詳しく

「ジョニー・デップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ