二階堂ふみ×GACKTダブル主演『翔んで埼玉』、衝撃のdis特報解禁

8月17日(金)8時0分 クランクイン!

映画『翔んで埼玉』ティザービジュアル(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

写真を拡大

 女優の二階堂ふみと歌手のGACKTがダブル主演を務める映画『翔んで埼玉』の公開が2019年2月22日に決定し、ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。特報映像には、衝撃的な“埼玉dis”が映し出されている。 本作は、累計発行部数66万部を突破した、魔夜峰央原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)の実写版。二階堂は壇ノ浦百美(だんのうらももみ)として初の男性役、GACKTは麻実麗(あさみれい)としてまさかの高校生役に挑んだ。撮影は約2か月近く続き、5月31日にクランクアップを迎えた。

 本編映像初解禁でもある特報は、序盤こそ某洋画大作を彷彿させるスケール感のある雰囲気だが、後半は一転して、埼玉県人を“disる(ディスる=バカにする)”セリフが続き、しまいには「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」という衝撃的なセリフまで登場する。そして映像のラストでは、魔夜原作の『パタリロ!』(白泉社)の舞台と映画で主演を務めた加藤諒が、ひどい扱いを受けながらも東京で働くことを夢見る埼玉県人役で本作に出演していることが確認できる。

 一方、どこか神々しい絵画のようなデザインのティザービジュアルは、百美と麗がそろって頭を下げる姿が描かれている。本作には埼玉をdisる描写が多いため、百美と麗は人口730万人の埼玉の人々へ向け「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪。また、「この物語はフィクションであり、実在の人名団体、とくに地名とは全く関係ありません。実際の埼玉県は、とても住みやすくていい所です。どうか寛大な心で、劇場にお越しいただけますと幸いでございます」という文章も添えられている。

 映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日より全国公開。

クランクイン!

「二階堂ふみ」をもっと詳しく

「二階堂ふみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ