きゃりーぱみゅぱみゅ、デビュー7周年の「ひつじ」と「青」

8月17日(金)12時21分 J-CASTニュース

2018年8月17日にデビュー7周年を迎えたきゃりーさん(きゃりーさんのツイッターより)

写真を拡大

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(25)は、2018年8月17日にツイッターを更新し、デビュー7周年を迎えたと報告した。

「今日でデビュー7周年だそうです。皆さんにたくさん応援してもらって今も私は楽しくやらせてもらっています。今年はワールドツアーもまわったし9月にはアルバムも発売されて国内ホールツアーをしたり活発的な7年目になりそうです!このまま突っ走ります? えっほ!えっほ!えっほ!えっほ!」


個性的な姿に...「ハリネズミみたい」「徹子さんかと」



きゃりーさんはコメントとともに写真を投稿した。短くカールさせた髪に薄い水色のふわふわとした衣装をまとい、頬杖をついて横目でこちらを見ている。ファンからは、祝福の声が寄せられた。



「デビュー7周年おめでとう『つけまつける』の時から大好きだよ」

「これからもずっと大好きです!!ホールツアー本当に楽しみです」

「もう100歳になるまで応援するから」


一方、きゃりーさんの衣装が気になったファンからは、



「なんか?ひつじみたい」

「応援します ハリネズミみたい」

「蓑虫みたい 成虫までもう少しかな」

「さいしょ徹子さんかと思ったよ?カワイイ」


といった指摘が相次いだ。



きゃりーさんは2011年8月17日に、シングル曲「PONPONPON」などを収録したデビュー・ミニアルバム「もしもし原宿」を発売開始した。インスタグラムでもデビュー7周年を報告しており、こちらは青を基調としたチャイナドレス風の衣装を着用している。

J-CASTニュース

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ