上原多香子「フィット感」発言よりもっと“黒歴史”な不倫LINEの数々「会いたくてたまらない病」「チュッ」

8月17日(木)2時30分 messy

上原多香子のTwitterより

写真を拡大

 「女性セブン」(小学館)によって、亡き夫の遺書が公開され、W不倫の過去が明らかになった上原多香子(34)。記事には遺書のほかに、不倫相手の阿部力(35)とのキス写真やLINEのやりとりも掲載された。

<子供欲しい><2人の子供作ろうね>といった子作りのやりとりをするなど、不倫愛に溺れていた上原と阿部。上原は阿部にゾッコンだったようで、<オトナになっても、こんなに好き好き好きっって、なるんだなぁって><わたしの一方的やけど、肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの>と、その愛をLINEでとめどなく伝えている。

 過去に報道などで、衆目に晒された不倫LINEを見ると、上原の件で言う<フィット感が今までとはまったく違う>といった、小っ恥ずかしい言葉が目につく。不倫というものは、そこまで夢中になって、周りが見えなくなってしまうものなのだろうか。これまでに流出した恥ずかしい不倫LINEを見ていきたい。

■ベッキー(33)と「ゲスの極み乙女」川谷絵音(28)
 「センテンススプリング」「卒論」が超有名の2人のLINE。メッセージでは川谷の離婚、そしてベッキーとの結婚に向けてやりとりしていた。<卒論(離婚届)提出できたら、けんちゃん(川谷)にワガママ聞いてもらおうっとー!笑>と、るんるんなベッキーが見ていて痛々しい。

■宮崎謙介元衆議院議員(36)とタレントの宮沢磨由(35)
 多い日は1日400回もLINEを送り合っていたという2人。宮崎議員は宮沢に<私のど真ん中はソナタ><会いたくてたまらない病><今夜は誰のもの?…今夜は><お会いしとうございます><裏切られたらどうしよう。死ぬ!>といった熱烈なLINEを送っていたという。ある時は「すき」というメッセージを1日10回送る日もあったとか。

■阪神・和田豊元監督(54)とものまねタレントの星奈々(45)
 実はベッキーたちの“ゲス不倫”よりも先の2013年に、LINEではなくメールのやりとりが流出してしまった2人。和田元監督の<愛しい奈々!おはよー!チュッ(笑)><明日の晩は抱っこして、腕枕して寝てあげるからね?><また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい奈々を見せてね! チュッ>といったメッセージが強烈すぎて、未だにネタにされている。

■女性ファンと不倫していたトータルテンボス・大村朋宏(42)
 週刊誌に<おむ(大村)のやつ!!笑><何をー?><、、、、笑 せーし笑><エロい女だーー笑 マズいと思うよ いいの?><おむのもの体内にいれたいのっ笑笑笑>といった、エロいやりとりをしたLINEを世間に晒された大村。ほかにも女性にピンクローターを使おうと提案するやりとりも見られる。

■東京03・豊本明長(42)と女優の濱松恵(34)
 豊本も大村と同様に、濱とエロいメッセージを送り合っていた。<オナニーすれば寝れる!><じゃあ、、しよかっか(笑)><するー!><するんだ(笑)私は思い出してた>といったやりとりから、<気持ちいいならお尻だって舐めるよ><(笑) 恥ずかしいけど気持ち良い><じゃ、舐めたげる><思い出したらしたくなってきた>など、肉体関係があったことを感じさせる内容。

* * * * *

 不倫に溺れ、勢いで送ってしまった愛の言葉だと思われるが、見返すとどれもこれも“黒歴史”になりそうなやりとりばかりだ。阿部に夢中になって「フィット感が今までとはまったく違う」と送った上原も、我に返って後悔したのだろうか。

(法月ゆう)

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不倫をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ