『あいのり』じゅんき、インスタに心ないコメント 「必死すぎて痛い」

8月17日(土)7時1分 しらべぇ

『あいのり Asian Journey 』(フジテレビ・Netflix)に出演し、でっぱりんと見事カップルになったじゅんきが16日にブログを更新。心ないコメントへの対応が「格好いい」と称賛を集めている。


■「必死すぎて痛い」とのコメントが…

『あいのり』出演時はアパレルショップ店員だったが、現在は自身のオリジナルブランドを手掛けているじゅんき。17〜18日には、原宿で初となるポップアップを開催する予定で、そのため連日宣伝の投稿を行なっている。

そのせいか、15日のインスタグラム投稿に「なんか最近、、、色々な必死感が痛いです」というコメントが、匿名のユーザーから寄せられることに。


関連記事:『あいのり』じゅんき「死ぬかと思った」 預金残高告白の翌日に…

■「自分自身がまだまだだなって」

これを受け、じゅんきは「落ち込んだとかではないけど」としつつ、「自分自身がまだまだだなって感じしたんで」と、読者に対してYouTubeを本格的に始めようか考えていると明かす。

その理由は「動画のほうが楽しいことも表情も声色も伝わるし」というもの。毎日数回ブログを更新し、発信を続けているじゅんきだが、新たな方法を模索しようとしているようだ。

■前向きな姿勢に称賛の声

ポップアップ出展の影響もあり、預金残高が7,000円になるなど、経済的にもなかなか追い詰められている様子のじゅんき。しかし、「痛い」という心ないコメントにも前向きに対応してみせた。

この姿勢に、ファンからは称賛の声が相次いだ。

「必死にやるって良いことだと思うよ〜。ひとつの物に興味を持ち必死に頑張る、集中する。それがなくなったら人間らしさってのも失われて行く感じがするので…」


「痛いってコメントあったけど、まーーったく気にしないでいいですよ!」


「必死過ぎてイタいって最高の褒め言葉! 必死になってることが伝わったんやからね〜プラス思考プラス思考! 成功願ってます」


「残念ながら、世の中には人に毒を吐いてストレス発散するタイプの人や本当にお節介なことを言う人も沢山います。でも、そういう意見も適度に飲み込み(消化し)つつ、いつも謙虚な気持ちを忘れずにやっていれば、必ず良いことありますよ」


■ネットで中傷的な投稿をした経験は?

努力している人に対し、安全な立ち位置から「痛い」と言う……よほど心が強くない限り、傷ついてしまう人が大半だろう。

ちなみにしらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,352名に「ネットでの中傷コメント」について調査したところ、6.9%が「ネット上で中傷的な投稿をしたことがある」と回答している。

今回のポップアップに向け、何ヶ月も準備してきた様子のじゅんき。無事、成功することを願いたい。


・合わせて読みたい→天木じゅん、「ファン置き去りにした」と過去を激白 「胸の真ん中があったかくなった」


(文/しらべぇ編集部・倉本薫子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年3月18日〜2016年3月22日

対象:全国20代〜60代の男女1,352名(有効回答数)

しらべぇ

「あいのり」をもっと詳しく

「あいのり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ