トイレの音聞きたいアイドル・BiSHメンバーに有吉共感 「俺もやった」

8月17日(土)10時1分 しらべぇ

BiSH

「楽器を持たないパンクバンド」「新生クソアイドル(Brand-new idol SHiT)」などの肩書きを持ち、『第60回輝く! 日本レコード大賞』で新人賞を獲得するなど、いま注目を集めているアイドルグループ・BiSH

16日深夜放送『有吉ジャポン』(TBS系)に同グループが登場し、圧倒的な個性を地上波で披露。ある「癖」について、有吉弘行が強く共感し話題となっている。


◼チッチの趣味は…

「見た目は真面目、中身は悪女。これでも彼氏は2人まで」担当のセントチヒロ・チッチは、密かな趣味として「トイレの音を聞く」ことを明かす。

一番落ち着く空間がトイレというチッチ。長い時間トイレに座っていると、ほかの利用者がトイレに入ってくるのだが、「(用を足)している音を聞くのが好き」だという。

これに有吉は「これ俺とまったく一緒だわ」と強く共感。有吉の衝撃発言に、有吉を師と仰ぐ平成ノブシコブシ吉村崇から「お師匠さんダメ!」とツッコミが飛んだ。


関連記事:トイレの擬似流水音より排泄音が大きい…各自で創意工夫

◼有吉は常習

チッチはメンバーのトイレ事情も告白。「おくりびと」担当のアイナ・ジ・エンドはトイレの音を隠すための「音姫」などを使わないと指摘し、「アイナが一番勢いがある」と笑う。

「耳を澄まして、その日は体調悪いとかわかる」とメンバーの体調もトイレの音で判断するというチッチ。有吉は「たとえばTBSで(この日出演していた藤田)ニコルちゃんがトイレに行こうとしたら『よしっ』って(ついていく?)」と質問する。

チッチは「やったことある。面白いのでやってください」と返すと、有吉は「もうやったことある」と常習だと明かした。

◼オナラも披露

またファンにはお馴染みの「あまのじゃく」担当・モモコグミカンパニーのオナラ動画もお披露目されるなど、地上波でたしかな爪痕を残したBiSHメンバー。ファンを中心に大きな反響が起きていた。


◼3割は「音消し用の流水音は小さい」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,368名を対象に調査したところ、全体の32.2%が「公衆トイレの音消し用の流水音よりも排泄音のほうが大きい」と回答している。

トイレの流水音グラフ

用を足す音を他人に聞かれるのは恥ずかしい人も多いため、「音姫」などの音漏れ対策が生まれた。しかし、音姫などで対応していても「耳を澄ませば聞こえる」とチッチは主張したが、その言葉通り、「音消し用の音が小さい」と不満のある人もいるようだ。


・合わせて読みたい→山口真帆、大手事務所・研音への移籍発表 「真面目な子が報われて良かった」と応援が殺到


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日

対象:全国20代〜60代の男女1,368名 (有効回答数)

しらべぇ

「BiSH」をもっと詳しく

「BiSH」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ