渡辺麻友がガチで“しり相撲”対決。3年前に涙した悔しさを晴らせるか。

8月17日(月)21時15分 Techinsight

渡辺麻友の“しり相撲”対決、運命やいかに?

写真を拡大


渡辺麻友が『AKB48ステージファイター』の企画で、AKB48の竹内美宥と“しり相撲でガチバトル”を行った。彼女はおよそ3年前にテレビ番組でSKE48メンバーと“しり相撲”で対決して悔し涙を流したことがある。今回はその時のトラウマに打ち勝つことができるのだろうか。

2012年2月に放送されたNHK『MUSIC JAPAN』でのこと。当時は大島優子と“おしりシスターズ”を名乗り、大島から「しりり」と呼ばれていたほど“おしり”にこだわる渡辺麻友が、SKE48の松本梨奈(2014年4月29日に卒業)と各グループを代表して“しり相撲”を行い、敗れる波乱があった。まだ、初々しかったまゆゆは責任を感じて泣いてしまったのである。

それから、およそ3年半が過ぎ、『AKB48ステージファイター』の「第5回センター争奪バトル」開催記念として、9期生の竹内美宥と“しり相撲”対決をすることとなった。『MJ』での悲劇が思い起こされるが、まゆゆもあれ以降『AKB48選抜総選挙』で女王の座についた。そして、今年はその座を奪われるなど重たい経験を積んでいる。

竹内美宥が不安そうに「やったことありますか?」と問うと、まゆゆは「あるある、よくやるんだ」「しりに特徴があるから」と笑顔で答え、「先輩後輩、関係なく遠慮せずにきちゃって!」と自信をのぞかせていた。

勝敗も気になるが、まゆゆの口から「デカいケツが…」という言葉が聞かれる貴重な取り組みでもある。この様子はYouTube『しり相撲でガチバトル「渡辺麻友 vs 竹内美宥」篇/ AKB48[公式]』(https://youtu.be/V4NG4tUI2BY)で公開中。

ところで、対戦相手の竹内美宥は、稲垣潤一のデュエットカバーアルバム『男と女5(仮題)』で『およげ!たいやきくん』を歌うことが発表された。今回の“しり相撲でガチバトル”に続き、注目を浴びることとなりそうだ。



(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「渡辺麻友」をもっと詳しく

「渡辺麻友」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ