藤崎智、3戦目トップでトータル首位に「結果は最高」/麻雀・RTDトーナメント2019準決勝B

8月18日(日)22時16分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」セミファイナルB(準決勝) 3回戦(全4回戦)が8月18日に放送され、藤崎智(連盟)が2勝目を挙げ、トータル首位に立った。

 対局者は起家から藤崎智(連盟)、鈴木達也(協会)、内川幸太郎(連盟)、石橋伸洋(最高位戦)。

 藤崎は初戦トップ、2戦目ラスでトータル2位。4人中2名が決勝進出となるため、最もターゲットにされやすい位置にいた。東3局、リーチ・ツモ・平和・ドラ・赤2で1万2000点をアガって2着目となり南場へ。トップ目だった石橋とは2900点差で迎えた南4局1本場。チンイツを決め、8000点(+300点、供託1000点)を加点し、逆転トップで2勝目を挙げた。

 2度のチャンスを確実にものにした藤崎は「結果は最高です。内容に関しては、配牌が全体的に良くなかったので、配牌が良かった2回を手組みしたら、たまたまその2回が大きいのをアガれて。このルールで言えば、一番楽なトップの取り方をさせてもらった」と謙虚に振り返った。

 トータル2位までが決勝進出となるため「負けるとすると(自分が)3着で並び最悪で負けるパターン。その並びにならなければ自分の中ではいい」と、現在トータル3位の石橋をマークしつつ、有利なポジションで最終戦に臨む。【福山純生(雀聖アワー)】

【セミファイナルB 3回戦の成績】

1位 藤崎智(連盟)3万9400点 +59.4
2位 石橋伸洋(最高位戦)3万3000点 +13.0
3位 内川幸太郎(連盟)1万6600点 ▲23.4
4位 鈴木達也(協会)1万1000点 ▲49.0

【セミファイナルB 3回戦終了時点でのトータルポイント】

1位 藤崎智(連盟)+65.3(3/4)
2位 内川幸太郎(連盟)+51.4(3/4)
3位 石橋伸洋(最高位戦)+2.4(3/4)
4位 鈴木達也(協会)▲119.1(3/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶ついにベスト4が確定! 【現在放送中・見逃し視聴あり】RTD TOURNAMENT 2019 Semifinal B 3・4回戦(石橋・内川・鈴木・藤崎)

▶優勝はなんとチェアマンチーム! Mリーグ駅伝 最終日 ※見逃し視聴

AbemaTIMES

「首位」をもっと詳しく

「首位」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ