『チア☆ダン』第6話 ROCKETSのダンスシーンに視聴者感動

8月18日(土)11時39分 クランクイン!

ドラマ『チア☆ダン』に出演している土屋太鳳、山本舞香 クランクイン!

写真を拡大

 女優の土屋太鳳が主演を務めるドラマ『チア☆ダン』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が17日に放送され、チアダンス部のメンバーによるダンスシーンに視聴者から「これは泣く」「泣ける!!!涙があああ」などの声がネット上に寄せられた。 わかば(土屋太鳳)の姉であり、JETSでセンターを務めたあおい(新木優子)がROCKETSのコーチに就任。そんな中、太郎は交通事故に遭い病院へ運ばれる。太郎不在で部活を続けなくてはならなくなったROCKETSは、教員たちの心配をよそに、自分たちだけで大丈夫だと言い切る。

 そんな中、穂香(箭内夢菜)が練習中に足を痛めてしまい、激怒した彼女の父が校長室に怒鳴り込んでくる。彼は、太郎の代わりとなる顧問を見つけられないなら、チアダンス部を廃部するよう迫り…。

 自分のケガがチアダンス部廃部の危機を招いたと感じた穂香は、メンバーに対して「ウチのパパのせいや…みんなゴメン」と謝罪。しかし、茉希(山本舞香)は「お前のせいじゃない。親の話やろうが。謝るな」とひと言。この言葉に視聴者は「茉希ちゃんかっっっこいい…」「茉希イケメン!」「茉希さん、たくましいな…」と反応。

 事故にあった太郎は、医師から“元の生活に戻れないかもしれない”と診断され、長期間のリハビリを強いられることに。わかばは太郎の妻・今日子(松本若菜)からノートと図解を託される。そこにはROCKETSのために、太郎が研究したチアダンスの知識が記されていた。このシーンに視聴者からは「太郎せんせいの健気さに私は何回泣けば良いの…」「泣けてきた」「ホント良い先生」などのツイートが多数投稿された。

 わかばたちROCKETSの面々は、ケガで動けない太郎を励ますために、病院の中庭でチアダンスを敢行。回を追うごとに高くなるダンスのクオリティに、視聴者からは「めちゃくちゃキレキレや〜!」「みんなのダンス素敵」などの声が。また、悲しみをこらえて、気丈に踊り続けるメンバーの姿に「これは泣く」「泣ける!!!涙があああ」などのツイートも殺到していた。

クランクイン!

「チア☆ダン」をもっと詳しく

「チア☆ダン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ