きゃりーは「和製ガガ」? デビュー曲欧米でも大人気

8月18日(木)19時30分 J-CASTニュース

海外でも人気の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さん (中央)

写真を拡大

   原宿ファッションの読者モデル「きゃりーぱみゅぱみゅ」(きゃりー)さん(18)が歌手としてデビューを果たした。デビューアルバムの一部は、すでに国外でも配信が始まっており、日本人アーティストとしては異例のランクイン。公式動画は170万回以上再生されており、英語のメッセージも多数付けられている。






中田ヤスタカさんがプロデュース


   きゃりーさんは原宿から発信されるカジュアルファッションを指す「青文字系」雑誌の読者モデルとしてブレイク。テレビ番組でも「原宿が生んだスター」などとして紹介され、女子高生などから絶大な支持を集めている。ブログにつづられる「(キュートすぎて)キレそう」といった独特の言葉遣いも、「きゃりー語」も人気だ。



   きゃりーさんの楽曲は、パフューム(Perfume)を手がけたことで有名な中田ヤスタカさんがプロデュース。2011年に8月17日、ミニアルバム「もしもし原宿」でデビューを果たした。これに先だって、アルバムの収録曲「PONPONPON」が7月20日からiTunes経由で世界23か国で配信されており、国外での人気が際だっている。


   「エレクトロニック・チャート」と呼ばれる分野では、日本以外にもフィンランドでランキングの首位を獲得。米国、ベルギー、スウェーデンでも、ベスト10に入った。



ユーチューブ動画は170万回以上再生

   また、ユーチューブにアップロードされているミュージックビデオも、現段階で170万回以上再生されている。さらに、コメントが4000件以上寄せられている。ミュージックビデオに、これだけ大量のコメントが付くのも異例だが、その多くが英語によるものだという点も異例だ。


   英語のコメントの内容は、


「カワイイ!聴かずにはいられない」

「日本っぽい!!」

「中毒になりそう」

といった、「かわいさ」に共感するものが多い。


   8月17日に発売された前出のミニアルバム「もしもし原宿」も、iTunesでは配信開始2時間で総合チャートの2位を獲得。国内での人気も裏付けた形で、レコード会社のワーナー・ミュージック・ジャパンの発表によると、


「国内外問わず話題となっており、取材やライブオファーが殺到している」

という。


   この日都内で行われたイベントでも、きゃりーさんは


「目標はワールドツアー!そしてがんばってレディー・ガガさんみたいになりたい」

などと世界進出に向けて意気込んでいた。

J-CASTニュース

「欧米」をもっと詳しく

「欧米」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ